古河市
バッテリー上がり
バッテリー上がり駆け付けます!最短30分|年中無休365日|お見積もり無料 バッテリー上がり駆け付けます!最短30分|年中無休365日|お見積もり無料

古河市でバッテリー上がりなら3980円~最短30分

バッテリー上がり緊急対応いたします!バッテリー上がり緊急対応いたします!

車各種のバッテリーに対応します!

バッテリー上がりの前兆がありますバッテリー上がりの前兆があります

お困りの際はお近くのバッテリー上がり緊急隊へご連絡ください!

お近くのバッテリー上がり緊急隊へ
  • 店舗名

    バッテリー上がり緊急隊・古河

  • 住所

    古河市坂間191-3

  • 電話

    0120-935-953

こんな症状の時はバッテリー上がりの可能性があります

バッテリー上がりすぐに解決いたします!
バッテリー上がりすぐに解決いたします!

古河市のバッテリートラブルに緊急対応!

お近くから30分で駆けつけ5分で復旧 バッテリートラブルに緊急対応!

茨城県古河市のバッテリートラブルに365日・すぐに駆けつけます!私たちバッテリートラブル緊急隊は、古河市内のSOSに対して30分以内での到着を目標としています。また、ご対応する際は診断から復旧まで、お客様に寄り添ったスピーディーな対応を心掛けております。ガソリン車のみならず、ハイブリッド車や輸入車・大型トラックにも対応できるプロがお伺いします。各種クレジットカードでの決済も可能ですので、お困りの際はお問い合わせください。

バッテリートラブルに緊急対応!
軽自動車バッテリー上がり復旧3,980円〜
普通自動車バッテリー上がり復旧3,980円〜
トラックバッテリー上がり復旧5,980円〜
バッテリー上がり復旧に迅速対応!バッテリー上がりコールセンター0120-658-119 バッテリー上がり復旧に迅速対応!バッテリー上がりコールセンター0120-658-119
便利なお支払い方法も充実! 現金OK、カード払いOK、後払い決済OK

バッテリー上がりの主な原因はこの3つ
バッテリー上がり緊急隊
ロードサービスの
プロフェッショナル
です

作業にお伺いするスタッフは、十分な知識と技術をもったベテランのスタッフです。
ロードサービスのプロがすぐにバッテリー上がりを解決します。

無料診断からの流れ
まずはWEB、またはお電話にてお申込みください。
訪問の日程・時間をご連絡いたします。
無料診断からの流れ 無料診断からの流れ
お近くのバッテリー上がり緊急隊が選ばれる理由

バッテリーが上がったら駆け付けます!
バッテリーが上がったら駆け付けます!
最新施工事例

古河市古河市上辺見のバッテリー上がり

最新施工事例画像01
対応エリア 古河市古河市上辺見
料金 12,000円

2月の一番寒い頃、朝10時にバッテリー上がりの通報です。ご依頼主は古河市にお住まいの40代女性。お子さんを駅まで送った帰りに立ち寄った、上辺見の陸上自衛隊の基地近くのコンビニでバッテリー上がりを起こしてしまったようです。「どのくらいで来てくれるのでしょう。」と心配そうに聞くお客様に、「約30分でお伺いします。」と言うと大変驚いていらっしゃいました。現場に到着してお客様から詳細を聞くと、バッテリー交換を最後にしたときの記憶がないとのことでした。バッテリーの状態を見て劣化している様子が見られたことから、寿命が近づいていた上に暖房を最大でつけていたことによりバッテリー上がりを起こしてしまったのでしょう。幸い、コンビニには広いスペースがあり救助車でジャンピングスタートをすることができました。そこで、お見積りを済ませた後、ブースターケーブルでつなぐと、車は無事に動き出しました。しかしジャンピングスタートは応急処置であるので、そのままバッテリーを交換しにカーディーラーなどに行くようアドバイスさせていただきました。お客様のホッとした様子と、たくさん感謝の言葉をいただいたことが非常に印象的です。 今回のケースのように、バッテリーの寿命を把握していない方は意外といらっしゃいます。一般的に言われる寿命は2~3年ですが、個人差があるのも事実です。バッテリー交換の時期に迷ったらプロに相談するなどして、急なバッテリー上がりを防ぎましょう。

古河市古河市本町のバッテリー上がり

最新施工事例画像02
対応エリア 古河市古河市本町
料金 11,000円

古河市から入電があったこの日は、日も短くなってきた秋でした。お電話があったのは夜9時を回る頃でした。ご依頼主は40代男性で、お仕事のため古河市本町のJR古河駅近くの駐車場に12時間ほど車を駐車。しかし室内灯を消し忘れていたため、12時間室内灯がつきっぱなしになってしまい、バッテリー上がりを起こしてしまったようです。丸半日ルームランプをつけっぱなしにしていたらバッテリーが上がってしまうのも無理ありません。急いでお疲れのお客様のもとへ駆けつけました。到着すると、白のセダンが前向きに駐車されていました。スペースの都合上ボンネットを開けるのにやっとで、これでは救助車を使ってのジャンピングスタートはできません。そこで、「ジャンプスターター」という小型バッテリーを用意して何とかつなぐことに成功。エンジンは無事にかかりました。どうやらお客様は以前にも同様のバッテリー上がりで当社を利用していただいたようです。夜遅くの依頼だったため、今回も24時まで受付している当社にお電話してくださったようです。私としても、お仕事でお疲れのお客様の力に少しでもなれたようで、大変嬉しかったです。 ルームランプやヘッドライトなど、ついうっかり消し忘れてしまうことはありますよね。だからといって、室内灯を決してつけないわけにもいきません。最近では、タイマー内蔵のルームランプがカーショップやネットショッピングにて販売されています。数千円で買えるものも多いので、そういったものを活用しても良いかもしれません。

古河市古河市緑町のバッテリー上がり

最新施工事例画像03
対応エリア 古河市古河市緑町
料金 9,000円

古河市緑町のご自宅から当社にお電話が入ったのは、朝8時でした。今回のご依頼主は20代男性で、飲食店で働いている方でした。その日もご勤務されているお店に行こうと乗り込んだものの、エンジンがかかる気配が無いということで当社にお電話くださいました。「仕込みがあるのでなるべく早くお願いします」とのことでしたので、現場に急行。軽自動車の前にお客様が立っていらっしゃいました。何かを消し忘れた覚えがないということですが、ライトもランプも何もつかなかったため、原因はバッテリー上がりであることが分かりました。混乱しているお客様に、寒い日こそバッテリー上がりが起こりやすいことを説明させていただきました。そもそも、バッテリーとは内部のバッテリー液が化学反応を起こすことで、エンジンを掛けるのに必要な電気を供給してくれます。しかし、気温が低いとその働きが鈍くなるため、エンジンがからなくなってしまうのです。お客様は納得し、作業に入ることを了承してくださいました。 解決法は、「ジャンピングスタート」です。乗ってきた救援車をお客様の車のバッテリーとつなぐことで、エンジンを掛けることができました。また、まだバッテリーの充電は十分ではないため、仕事場まで行く道でしばらく走行しながら充電するようにもアドバイスさせていただきました。寒さはバッテリーにとって大きな敵となります。急いでいるときにバッテリー上がりを起こさないためにも、2~3年おきにバッテリーの電圧を点検したり、週一回30分間は車を動かしたりすることで、バッテリーのメンテナンスをしましょう。

古河市古河市上辺見のバッテリー上がり

最新施工事例画像04
対応エリア 古河市古河市上辺見
料金 14,000円

先ほどの事例は、寒さによるバッテリー上がりでしたが、真夏にも起こる可能性があります。それは「エアコン」によるものです。ここでは茨城県古河市上辺見での事例を紹介します。 古河市の工場から、お昼負頃に入電です。ご依頼主は50代男性。工場に大型トラックを停車中、バッテリー上がりを起こしてしまいました。当日は35℃以上の猛暑日だったこともあり、ずっとエアコンをつけっぱなしにしていたそうです。すぐに工場へ向かい、応急処置をすることにしました。通常のガソリン車では、多少エアコンをつけっぱなしにしていても、そう簡単にバッテリーが上がることはありません。しかし、ディーゼルエンジンを搭載したトラックではバッテリー上がりを起こしてしまう危険性があるそうです。大型トラックの処置には、「救援車でジャンピングスタート」はできません。なぜなら、トラックのエンジンを掛けるのに十分な電圧がないからです。反対に、電圧が大きすぎる大型トラックで、乗用車を救援することもできないため覚えておきましょう。車でのジャンピングスタートの代わりに、「ジャンプスターター」を使います。12V・24Vと2種類あるうちの24Vの方を使い、エンジンをかけました。エンジンはかかったのですが、充電はまだ十分ではないため、1時間程ドライブすることで充電するようアドバイスさせていただきました。 真夏は、エアコンなしに運転することはできませんよね。しかし、停車中もずっとつけておくわけにはいきません。車から降りる際に車内の温度を上げたくない場合は、窓をほんの少し開けたり、サンシェードを使ったり、遮熱フィルムを貼ったりして対策しましょう。

お客様からいただいた声
お客様からいただいた声

バッテリー上がり緊急隊に寄せられたお客様からのご感想です
お客様の声01

暑い中来てくださったので感謝しかないです
古河市S.C様

夏休みに休みが取れたので家族旅行に行くことになりました。そんな貴重な時間にもかかわらず、私がエアコンを使いすぎていた上に室内灯も消し忘れてしまったばかりに、バッテリーが上がってしまいました。泣きながら不満を言う子どもたちに申し訳ないと思いながら探して見つけたのが、ここでした。35℃以上あった日だったのですが、作業員の方がすぐに来てくれササっと作業してくださったおかげで、残りの旅行を存分に楽しめました。本当に感謝です。

夏休みに休みが取れたので家族旅行に行くことになりました。そんな貴重な時間にもかかわらず、私がエアコンを使いすぎていた上に室内灯も消し忘れてしまったばかりに、バッテリーが上がってしまいました。泣きながら不満を言う子どもたちに申し訳ないと思いながら探して見つけたのが、ここでした。35℃以上あった日だったのですが、作業員の方がすぐに来てくれササっと作業してくださったおかげで、残りの旅行を存分に楽しめました。本当に感謝です。

お客様の声02

素早くジャンピングスタートしてくれました
古河市U.G様

バッテリー上がりを起こしたのはその時が初めてで、運悪く同乗者もいなかったので、私一人で何とかしないといけなくなりました。かなり焦っており、バッテリー上がりを起こした時の対処法を調べたのですが、救助車との繋げ方すらよく分からなくて…。なるべく安くて早く来てくれるところと思い、ここに電話を掛けました。20分ほどで来ていただき、手慣れた様子でジャンピングスタートというものをしてくれました。自分ではできなかったので、本当に安心しました。

バッテリー上がりを起こしたのはその時が初めてで、運悪く同乗者もいなかったので、私一人で何とかしないといけなくなりました。かなり焦っており、バッテリー上がりを起こした時の対処法を調べたのですが、救助車との繋げ方すらよく分からなくて…。なるべく安くて早く来てくれるところと思い、ここに電話を掛けました。20分ほどで来ていただき、手慣れた様子でジャンピングスタートというものをしてくれました。自分ではできなかったので、本当に安心しました。

お客様の声03

大晦日に来ていただけるとは思いませんでした
古河市F.T様

大晦日に出かけるのが恒例の我が家では、その年も出かけようと車を出しました。するとエンジンがかかりません。ライトもつかず、原因不明の故障かなと思って調べていたところ、バッテリー上がりかもしれないと分かり、見てもらおうと緊急隊さんを呼びました。来てくださった方はボンネットの中を見るなりすぐに状況を把握されたようで、あっという間に応急処置をしてくれました。こんなにも心強い業者さんが365日営業しているなんて、素晴らしいと思います。

大晦日に出かけるのが恒例の我が家では、その年も出かけようと車を出しました。するとエンジンがかかりません。ライトもつかず、原因不明の故障かなと思って調べていたところ、バッテリー上がりかもしれないと分かり、見てもらおうと緊急隊さんを呼びました。来てくださった方はボンネットの中を見るなりすぐに状況を把握されたようで、あっという間に応急処置をしてくれました。こんなにも心強い業者さんが365日営業しているなんて、素晴らしいと思います。

古河市の地域情報

対応地域

古河市南町|古河市上辺見|古河市緑町|古河市本町

各駅の近くももちろん
対応しております

古河駅

古河市周辺の
バッテリー上がりお役立ちリスト

茨城トヨタ自動車株式会社 古河店
〒306-0233 茨城県古河市西牛谷60
茨城トヨタ自動車株式会社 古河東店
〒306-0126 茨城県古河市諸川650−1
茨城日産自動車(株) 古河店
〒306-0233 茨城県古河市 西牛ヶ谷北の前1024 西牛ヶ谷北の前
Honda Cars 茨城西 古河大野店
〒306-0204 茨城県古河市下大野1946−1
Honda Cars 茨城西 古河大山店
〒306-0052 茨城県古河市大山1814−1
北関東マツダ 古河店
〒306-0015 茨城県古河市南町1−69
スズキアリーナ古河
〒306-0011 茨城県古河市東4丁目16−15
スズキアリーナ三和
〒306-0112 茨城県古河市東山田678−24
ダイハツ古河
〒306-0014 茨城県古河市下山町8−4
茨城ダイハツ販売(株) ダイハツ古河中央(有)安喰商会
〒306-0231 茨城県古河市小堤165−8
車検のコバック古河店
〒306-0025 茨城県古河市原町1−6
(有)栃木自動車整備工場
〒306-0101 茨城県古河市尾崎1144
板金のモドーリー古河店
〒306-0025 茨城県古河市原町1−6
(有)栄自動車整備工場
〒306-0231 茨城県古河市小堤2052−3

古河市の特徴

古河市は茨城県にある人口14万人ほどの市です。茨城県の西端に位置し、関東地方のほぼ中央部にあります。古河市は県境の市で、西は埼玉県加須市となっています。
古河市の歴史は平安時代にまで溯ります。市内で発掘された遺跡から半地下式平窯が発見されており、9世紀から10世紀にかけこの地で製鉄が行われていた形跡が残されています。古代の昔、古河は日本における製鉄の拠点だったのです。
室町時代の後期には関東足利氏の流れをくむ古河公方が古河一帯を支配します。そして、江戸時代に入ると古河藩が置かれ、日光街道の宿場町として古河宿が賑わいました。
市内西部を流れる渡良瀬川を中心に、古河は発展を遂げました。江戸時代には渡良瀬川を利用した水運が盛んになり、域内で収穫された米や野菜は渡良瀬川より江戸へ出荷されていきました。
明治時代になると、蒸気船が古河と東京の間を行き来するようになります。やがて蒸気船は鉄道路線の東北本線に置き換わり、古河駅が開業します。古川駅は茨城県内で初めて開業した鉄道駅でした。
鉄道の敷設以降は製糸産業が盛んになって人口が増加しました。
現在の古河市は、首都圏にほど近い特徴から東京のベッドタウンとして注目されており、緩やかに発展を続けています。

年間100万本生産される古河市のバラ

古河市は全国でも有数のバラの生産地として有名です。バラは茨城県の県の花にもなっており、古河市では50品種を超えるバラの生産が行われています。
首都圏から50kmという立地の良さを活かし、古河市では水耕栽培の技術を導入することで、シーズンを問わず通年でのバラの出荷が行われています。古河のバラは花びらの色合いが鮮やかで、数日経過してもしおれず、花持ちが良いという特徴があります。
古河市で生産される品種はローテローゼが中心です。
ローテローゼは花屋の店頭で良く見かける一般的なバラで、真っ赤な花びらが印象的なバラの代表品種です。市場ニーズが高いローテローザは古河市でも最も多く生産されています。
そして、古河市ではローテローザ以外にも、40から50ほどの品種を各農家が工夫を凝らしながら生産しています。
この積極的なバラの生産により、古河市は茨城県より花卉銘柄産地に指定されており、名実共にバラの産地となりました。

歯切れの良い古河市の方言

茨城県の西部に位置する古河市の方言は、東北地方の方言よりも関東地方よりの方言となっており、アクセントやイントネーションにおける訛りは少なめです。江戸時代に江戸との交易が盛んだった影響からか、歯切れの良い表現が多いのが古河市の方言の特徴となっています。
まず、語尾には茨城弁と同様に「べ」が付く場合が多くなっています。「やろう」と言うのを「やんべ」と言ったり、「行こう」と言うのを「行くべ」と言ったりします。そして、語尾につける命令形の「れ」が「ろ」に変わる場合もあります。たとえば、「教えてくれ」は「教えてくんろ」となります。
また、歯切れの良い方言として面白いのが、腹が立つ事を「きもいれんなぁ」と言ったり「きしょっ」と言ったりする点です。また、疲れる事を、「けったりぃ」という場合もあります。
さらに、「たくさん」「いっぱい」の事を「しこたま」と言ったり、「暖かい」事を「ぬくてぇ」と言ったりします。
職人気質な言葉が多いのが、古河市の方言の特徴なのです。

1000年近い歴史を誇る雀神社

雀神社は古河市宮前町にある神社です。雀と名付けられているのは、雀を祀っているからではありません。雀という名前の原因は、この地が昔「雀が原」と呼ばれていたからとも、「国鎮めの神」が訛ったものとも言われていますが、はっきりとはわかっていません。
雀神社の起源は古く、859年に出雲大社を勧請した事に由来します。神社に祀られているのは、大己貴命、少彦名命、事代主命の三柱の神々です。
室町時代に古河公方の足利成氏が参拝して以降、歴代古川城主の信仰を集めます。江戸時代には幕府より土地を与えられ、手厚い保護を受けました。雀神社の社殿は1605年に、当時の古川城主、松平康長が建立したもので、社殿は古河市の文化財にも指定されています。また、社殿の完成時に披露された磐戸神楽は現在まで伝承されています。この磐戸神楽は春祭りの際、神楽殿にて演じられます。
境内には古河市の天然記念物に指定されている大欅もあり、夏祭りには獅子舞が奉納されます。この獅子舞は悪疫退散の力があるとしても有名です。

バッテリー上がり対応エリア一覧を見る

PAGE TOP
各種カード払いOK!0円見積り実施中!
受付時間:8:00~24:00 365日年中無休
バッテリー上がりコールセンター|受付時間|8:00〜24:00 365日年中無休 0120-658-119 無料診断を申し込む