行方市
バッテリー上がり
バッテリー上がり駆け付けます!最短30分|年中無休365日|お見積もり無料 バッテリー上がり駆け付けます!最短30分|年中無休365日|お見積もり無料

行方市でバッテリー上がりなら3980円~最短30分

バッテリー上がり緊急対応いたします!バッテリー上がり緊急対応いたします!

車各種のバッテリーに対応します!

バッテリー上がりの前兆がありますバッテリー上がりの前兆があります

お困りの際はお近くのバッテリー上がり緊急隊へご連絡ください!

お近くのバッテリー上がり緊急隊へ
  • 店舗名

    バッテリー上がり緊急隊・行方

  • 住所

    行方市富田645-3

  • 電話

    0120-934-036

こんな症状の時はバッテリー上がりの可能性があります

バッテリー上がりすぐに解決いたします!
バッテリー上がりすぐに解決いたします!

行方市のバッテリートラブルに緊急対応!

お近くから30分で駆けつけ5分で復旧 バッテリートラブルに緊急対応!

行方市の『バッテリー上がり緊急隊』では、料金に関してできるだけ明確にするように努めております。というのも、当社ではでは依頼の日時によって料金が変わることは基本的にありません。土日祝日・年末年始のご依頼、夜間などの時間帯のご依頼であっても、料金は通常時と同じです。したがって、いつ起こるか分からないバッテリー上がりでも、不安に思うことなくすぐに駆けつけの依頼をしやすい状況が整っています!どうぞお気軽にお問い合わせください。

バッテリートラブルに緊急対応!
軽自動車バッテリー上がり復旧3,980円〜
普通自動車バッテリー上がり復旧3,980円〜
トラックバッテリー上がり復旧5,980円〜
バッテリー上がり復旧に迅速対応!バッテリー上がりコールセンター0120-658-119 バッテリー上がり復旧に迅速対応!バッテリー上がりコールセンター0120-658-119
便利なお支払い方法も充実! 現金OK、カード払いOK、後払い決済OK

バッテリー上がりの主な原因はこの3つ
バッテリー上がり緊急隊
ロードサービスの
プロフェッショナル
です

作業にお伺いするスタッフは、十分な知識と技術をもったベテランのスタッフです。
ロードサービスのプロがすぐにバッテリー上がりを解決します。

無料診断からの流れ
まずはWEB、またはお電話にてお申込みください。
訪問の日程・時間をご連絡いたします。
無料診断からの流れ 無料診断からの流れ
お近くのバッテリー上がり緊急隊が選ばれる理由

バッテリーが上がったら駆け付けます!
バッテリーが上がったら駆け付けます!
最新施工事例

行方市成田のバッテリー上がり

最新施工事例画像01
対応エリア 行方市成田
料金 15,000円

行方市成田より、バッテリー上がりのSOSが入ったのは午前9時ごろでした。ご依頼内容は「キャンピングカーのバッテリーが上がってしまったので、救援に来てほしい」というものでした。お電話をしてくださったのは、20代男性。キャンプが趣味ということで、行方市の実家にもマイキャンピングカーがあるそうなのですが、そちらのエンジンが掛からなくなってしまったのです。原因はしばらく乗らなかったことによる自然放電です。たしかに、キャンピングカーは毎日乗るようなものではないので、このようにして知らないうちにバッテリーが上がってしまうケースは多いです。ましてや、季節が冬となると、寒さに弱いバッテリーはさらに上がりやすくなってしまうので、気を付けましょう。 この日は、30分もかからずお伺いしていた住所に到着。お客様がキャンピングカーの近くで待ってらっしゃいました。早速診断をした結果、やはりジャンピングスタートが必要ということで、作業に取り掛かました。作業自体は20分ほどで終わり、無事にお客様のキャンピングカーのエンジンを掛けることができました。クレジットカードでのお支払いが済んだのが10時前。お客様も大切なお車が復旧したことを大変喜んでいました。当社『バッテリー上がり緊急隊は』乗用車のみならず、今回のようなキャンピングカーやハイブリッド車にも対応しております。もし行方市内でバッテリートラブルが起きてしまったら、迷わず当社にお電話ください!

行方市粗毛のバッテリー上がり

最新施工事例画像02
対応エリア 行方市粗毛
料金 13,000円

行方市粗毛にあるセレモニーホールの駐車場から、入電です。バッテリー上がりを起こしたのは、葬儀に参列していた60代女性のお車。なんと、ルームランプが点きっぱなしになっていたのです。葬儀が終わり車に乗ろうとした際、エンジンが掛からなかったことに気が付いた女性。よくよく見てみると、ルームランプのスイッチがONになっていたのです。まだ辺りは明るかったため、よく見ないとルームランプが点いていることは分からなかったそうでした。お客様はルームランプなど点けた覚えが無かったそうなのですが、とにかくロードサービスの業者を呼ぶために、電話番号を調べて当社にお電話をかけてくださいました。お電話をいただいたのは、17時頃。到着したのは17時25分ごろでした。バッテリーの状態は比較的良好で、とくに破損は見られません。そこでジャンピングスタートを行うことになりました。幸い、広々とした駐車場でしたので、救援車をすぐ隣につけての作業が可能でした。ブースターケーブルを用意して、「+端子」→「-端子」の順番で取り付けていきます。この順番を間違えてしまうと発火の恐れがあり危険ですので、ご自身で行う際は十分に注意してください。また、詳しいやり方は当社ホームページにも記載してありますので、ぜひ参考にしてください。 無事に取り付けが終わると、いよいよエンジンを掛けます。キーを回すと、無事に掛かった音がしました!お客様にもエンジンの始動を確認していただき、現場を後にしました。

行方市於下のバッテリー上がり

最新施工事例画像03
対応エリア 行方市於下
料金 13,000円

この日は、すっかり日も沈んだ午後7時ごろに行方市於下にあるスーパーからお電話が入ったため、出動しました。今回のご依頼主は30代主婦の方。夕方の買い物に来た際に、バッテリー上がりに見舞われてしまったのです。お客様がスーパーに到着したころにはもう薄暗かったため、ヘッドライトを付けていたそうでした。しかし、車から降りた際に消し忘れてしまったようで、買い物が終わって車に戻ってきたときにライトが点いていることに気が付いたそうです。30分強の短い時間だったので、さすがにバッテリーが上がっていることは無いだろうとエンジンを掛けてみたら、全くかかる気配がなかったのです。そこで、急いで行方市にも対応している業者を調べ、当社にご相談していただきました。私はお電話を受けてすぐに準備を始め、救援車に乗って出動しました。スーパーに到着したのが19:40頃。お客様の車はスーパーの裏手側に停めてあったので、お店の人や他のお客さんがライトが点きっぱなしの車に気が付かなくても無理のない状況でした。さっそく、ボンネットを開けてバッテリーの状態を確認します。2~3年前に換えたものだということで、その場はジャンピングスタートを行うことにしました。救援車のバッテリーと接続して5分ほど待つと、無事にエンジンが始動。今後の説明をして、その日は終了となりました。 最近の車は自動でライトが点いたり消えたりするものが多いですが、まだまだ手動のものも多いです。手動の方は、とくに切り忘れには気を付けましょう。

行方市籠田のバッテリー上がり

最新施工事例画像04
対応エリア 行方市籠田
料金 11,000円

行方市籠田にお住まいの50代女性からバッテリー上がりのSOSが入りました。時刻は朝8時すぎ。かなり冷え込んだ朝でした。お電話の内容は「朝、仕事に行こうとしたら、原因不明のバッテリー上がりです。至急お願いします。」とのことでした。極寒の冬で原因不明ということで、寒さによる電力消費の可能性を浮かべました。スマホやパソコンなども、冬は電池の消耗が早いと感じたことは無いでしょうか。それと同じ現象で、バッテリーは大変寒さに弱いため冬はバッテリー上がりが起こりやすくなってしまうのです。とにかく、バッテリーの状態を確認したいと思い、現場に急行しました。お客様のご自宅に到着したのがお電話から35分後の8時45分でした。お客様は「朝早くにすみません。」とおっしゃっていましたが、当社はいつ起こるか分からないバッテリー上がりに備えて8時~24時の間、年中無休での電話を受け付けております!気兼ねなくお電話ください。 さっそく、車の調査に入ります。電圧は下がっており、ライトの光も不安定です。バッテリーは綺麗な状態でしたので、やはり寒さによるバッテリー上がりでしょう。ジャンピングスタートを行うための準備に入ります。車庫は狭く、救援車をこれ以上近づけるのは不可能でしたので、「ジャンプスターター」という持ち運び可能な機械を準備して、そちらを持って車庫の中に入りました。それを使ってジャンピングスタートを行うと、無事にエンジンは始動。お客様のホッとした表情を見て、私も嬉しくなりました。

お客様からいただいた声
お客様からいただいた声

バッテリー上がり緊急隊に寄せられたお客様からのご感想です
お客様の声01

安心できる業者さんでした
行方市W.W様

行方市に住んでいる者です。車庫に停めていた私の車ですが、1か月近くもの間運転できなかったせいか、バッテリーが上がっていました。いつ車を使う用事ができるか分からないので、バッテリー上がり緊急隊さんに依頼して駆けつけていただくことにしました。事前に状況をお伝えしていたとはいえ、車種やバッテリーの状態を確認するとすぐに、復旧していただきました。プロの技であっという間の作業だったので、安心してお任せできると思いました。

行方市に住んでいる者です。車庫に停めていた私の車ですが、1か月近くもの間運転できなかったせいか、バッテリーが上がっていました。いつ車を使う用事ができるか分からないので、バッテリー上がり緊急隊さんに依頼して駆けつけていただくことにしました。事前に状況をお伝えしていたとはいえ、車種やバッテリーの状態を確認するとすぐに、復旧していただきました。プロの技であっという間の作業だったので、安心してお任せできると思いました。

お客様の声02

スピーディーな対応!
行方市U.O様

行方市の職場で働いています。夕方に仕事が終わり、車で帰ろうとしたときに、バッテリーが上がっていることに気が付きました。ライトの消し忘れと言う完全に自分のせいなのですが、早く家に帰って休みたかったため、バッテリー上がり緊急隊さんに連絡して来てもらうことにしました。30分くらいで職場の駐車場まで来てくれ、ササっとエンジンを掛けてくれました。こんなに早いものとは想像していなかったので、なによりも迅速な対応に感謝しています。

行方市の職場で働いています。夕方に仕事が終わり、車で帰ろうとしたときに、バッテリーが上がっていることに気が付きました。ライトの消し忘れと言う完全に自分のせいなのですが、早く家に帰って休みたかったため、バッテリー上がり緊急隊さんに連絡して来てもらうことにしました。30分くらいで職場の駐車場まで来てくれ、ササっとエンジンを掛けてくれました。こんなに早いものとは想像していなかったので、なによりも迅速な対応に感謝しています。

お客様の声03

急なバッテリー上がりでした
行方市R.Y様

行方市のスーパーで買い物をしていた際、駐車場でバッテリーが上がってしまいお世話になりました。急なバッテリー上がりにどうしたらいいか分からずアタフタ。何度やってもエンジンが掛からないので流石にこれはまずいかなと感じ、バッテリー上がり緊急隊を検索して連絡しました。対応は迅速かつ丁寧です。電話で状況を伝えた後はすぐにスタッフの方が来てくれ、作業に移ってもらいました。急なバッテリー上がりでも安心してお任せできました。

行方市のスーパーで買い物をしていた際、駐車場でバッテリーが上がってしまいお世話になりました。急なバッテリー上がりにどうしたらいいか分からずアタフタ。何度やってもエンジンが掛からないので流石にこれはまずいかなと感じ、バッテリー上がり緊急隊を検索して連絡しました。対応は迅速かつ丁寧です。電話で状況を伝えた後はすぐにスタッフの方が来てくれ、作業に移ってもらいました。急なバッテリー上がりでも安心してお任せできました。

行方市の地域情報

対応地域

青沼|麻生|天掛|荒宿|井貝|石神|板峰|井上|井上藤井|宇崎|内宿|岡|沖洲|於下|小高|小貫|小幡|北高岡|蔵川|五町田|小牧|籠田|西蓮寺|島並|白浜|四鹿|新宮|杉平|芹沢|玉造乙|玉造甲|手賀|富田|中根|長野江|次木|行方|成田|根小屋|捻木|橋門|羽生|浜|繁昌|藤井|船子|粗毛|南|南高岡|三和|八木蒔|谷島|矢幡|山田|行戸|吉川|両宿|若海

各駅の近くももちろん
対応しております

たまつくり|行方市観光物産館こいこい

行方市周辺の
バッテリー上がりお役立ちリスト

(有)小貫自動車
〒311-3826茨城県行方市矢幡727-3
大川自動車整備工場
〒311-3826茨城県行方市矢幡664-2
柳町モータース
〒311-3806茨城県行方市船子278
岡部自動車
〒311-1705茨城県行方市内宿1665-7
金井モータース
〒311-1715茨城県行方市小幡1101-47
人見モータース
〒311-3816茨城県行方市小牧369-2
根本屋自動車整備工場
〒311-3801茨城県行方市行方1620-4
横山自動車整備工場
〒311-3831茨城県行方市青沼866-10
大原モータース
〒311-3805茨城県行方市橋門238
大橋自動車工業
〒311-3802茨城県行方市於下1151-1
鹿行自動車鈑金塗装
〒311-3801茨城県行方市行方2213-1
高須自動車工業
〒311-3803茨城県行方市井貝742-6
鈴木自動車修理工場
〒311-3517茨城県行方市藤井1-11
北浦モータース
〒311-3826茨城県行方市矢幡483
(有)吉崎モータース
〒311-3833茨城県行方市富田219

行方市の特徴

行方市(なめかたし)は茨城県の東部に位置し、鹿嶋市、潮来市、かすみがうら市、鉾田市、小美玉市と隣接しています。人口は約3万2千人で、市の木はイチョウ、市の花はヤマユリです。市域の東には北浦があり、西側には霞ケ浦があるという、2つの広い湖に挟まれています。内陸地は丘陵台地によって形成されています。鹿嶋市とは北浦により隔たっていますが、『北浦大橋』によってつながっていて、またかすみがうら市は霞ケ浦によって隔たっていますが、『霞ケ浦大橋』によりつながっています。2005年に行方郡の麻生町・玉造町・北浦町が合体し、行方市が発足しています。産業としては漁業が盛んで、特に霞ケ浦では鯉の養殖が盛んです。また水産物を加工して作った『行方バーガー』は市の名産品として人気が高まっています。さらに農業も盛んで、いちごや水菜、エシャレットやキャベツ、わさび菜が、県銘柄産地に指定されています。このように行方市は二つの湖の資源を生かしながら発展を続けています。

霞ケ浦のナマズや鯉で作られている!『行方バーガー』!

行方氏のご当地グルメとして知名度が上昇中なのが『行方バーガー(なめかたばーがー)』です。2009年に販売が開始され、行方の新名物として企画されたハンバーガーです。「行方市麻生商工会」が中心となり開発したもので、市内にある霞ケ浦で養殖している、『アメリカナマズ』をパティにするなど、初めて耳にした人がハッとするような、びっくりバーガーとなっています。メニューの一つが『なめパックン』で、先述した「アメリカナマズ」のカマ肉を中心に、玉ねぎやレンコンを加えたパティを使用しています。タルタルソースとチリソースを合わせたソースが絶品で、わさび菜、レタス、キュウリ、トマトをサンドしています。養殖の「アメリカナマズ」のため、生臭さがないと評判です。他にも霞ケ浦で養殖されている鯉に、特製ソースで味付けしたパティを使用した『こいパックン』も人気があります。『行方市観光物産館こいこい』や『ミート&フーズ旭屋』で販売されています。

「んだっぺ」を語尾につける!茨城弁!

行方市が位置する茨城県には、かわいいと言われることが多い茨城弁があります。そこで特徴的な茨城弁をいくつか紹介していきます。「んだっぺ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。「んだっぺ」には「だろう」「そうだ」という意味があります。語尾に「ンだっぺ」を付けると、茨城らしい言葉遣いをすることができます。「なんだろう」と言いたい時、茨城弁にすると、「なんだっぺ」になります。また「見てみよう」と言いたい時、茨城弁にすると、「見んだっぺ」となります。次に紹介する茨城の方言が「ねーしょ」です。「ねーしょ」は「内緒」がだなまったものです。「この話は内緒だよ」と言いたい時、茨城の人は「この話は、ねーしょよ」と言います。また「二人だけの内緒」というフレーズは時々登場すると思いますが、茨城弁にすると「二人だけのねーしょ」となります。茨城出身の人から、「二人だけのねーしょね」などと言われるようになれば、かなり親密な関係になったと言えるかもしれません。

常陸の高野山と呼ばれている!『西蓮寺』

行方市西蓮寺にある天台宗のお寺が『西蓮寺(さいれんじ)』です。ご本尊は薬師如来です。境内の面積は1万6千平方メートルあり、「常陸の高野山」と呼ばれることもあります。
782年に桓武天皇の勅願によって天台宗の僧・最仙によって創建されたと伝わっています。その後、中世から近世にかけて末寺30を持つほどに寺運が隆盛しています。境内に立つ相輪橖は「日本三相輪橖」とされていて、『元寇』に勝利したことを記念して建立されたと言われています。1883年の火災により、本堂や薬師堂などを焼失しますが、1543年建立の山門と、1287年建立の相輪橖は焼失を免れており、国の重要文化財に指定されています。また境内には、県指定天然記念物である樹齢1000年以上といわれる2本の大イチョウがあり、樹齢は約25mあります。さらにサクラ・スギ・シイの巨木も茂っています。『ふるさと山百合まつり』は毎年7月中旬から下旬に「井上山百合の会」と「行方市観光協会」で開催されているイベントで、境内では山百合や山野草などの即売会も行われています。

バッテリー上がり対応エリア一覧を見る

PAGE TOP
各種カード払いOK!0円見積り実施中!
受付時間:8:00~24:00 365日年中無休
バッテリー上がりコールセンター|受付時間|8:00〜24:00 365日年中無休 0120-658-119 無料診断を申し込む