高萩市
バッテリー上がり
バッテリー上がり駆け付けます!最短30分|年中無休365日|お見積もり無料 バッテリー上がり駆け付けます!最短30分|年中無休365日|お見積もり無料

高萩市でバッテリー上がりなら3980円~最短30分

バッテリー上がり緊急対応いたします!バッテリー上がり緊急対応いたします!

車各種のバッテリーに対応します!

バッテリー上がりの前兆がありますバッテリー上がりの前兆があります

お困りの際はお近くのバッテリー上がり緊急隊へご連絡ください!

お近くのバッテリー上がり緊急隊へ
  • 店舗名

    バッテリー上がり緊急隊・高萩

  • 住所

    高萩市大和町4丁目8

  • 電話

    0120-970-734

こんな症状の時はバッテリー上がりの可能性があります

バッテリー上がりすぐに解決いたします!
バッテリー上がりすぐに解決いたします!

高萩市のバッテリートラブルに緊急対応!

お近くから30分で駆けつけ5分で復旧 バッテリートラブルに緊急対応!

最近、車のエンジンの掛かりが悪かったり、ライトの光が弱いと思ったりしたことはありませんか?それはバッテリーに問題があるからかもしれません。高萩市ではそうしたバッテリーに関するトラブルが多数報告されています。不安な状態のままご自身で直そうとすると、ショートしたり感電したりする危険性があります。怪我をする前に、バッテリートラブルの解決はバッテリーのプロ集団、「バッテリー上がり緊急隊」におまかせください!最短でその日のうちにお客様の大切な交通手段を復旧します。

バッテリートラブルに緊急対応!
軽自動車バッテリー上がり復旧3,980円〜
普通自動車バッテリー上がり復旧3,980円〜
トラックバッテリー上がり復旧5,980円〜
バッテリー上がり復旧に迅速対応!バッテリー上がりコールセンター0120-658-119 バッテリー上がり復旧に迅速対応!バッテリー上がりコールセンター0120-658-119
便利なお支払い方法も充実! 現金OK、カード払いOK、後払い決済OK

バッテリー上がりの主な原因はこの3つ
バッテリー上がり緊急隊
ロードサービスの
プロフェッショナル
です

作業にお伺いするスタッフは、十分な知識と技術をもったベテランのスタッフです。
ロードサービスのプロがすぐにバッテリー上がりを解決します。

無料診断からの流れ
まずはWEB、またはお電話にてお申込みください。
訪問の日程・時間をご連絡いたします。
無料診断からの流れ 無料診断からの流れ
お近くのバッテリー上がり緊急隊が選ばれる理由

バッテリーが上がったら駆け付けます!
バッテリーが上がったら駆け付けます!
最新施工事例

高萩市望海のバッテリー上がり

最新施工事例画像01
対応エリア 高萩市望海
料金 10,000円

この日のバッテリー上がりの通報は、夕方4時ごろにありました。高萩市望海の工業団地近くの路地からです。ご依頼主はトラックで荷物を配達途中の40代男性。時間の調整のため、路肩に駐車して時間が来るのを待っていました。ハザードランプを点けながらラジオを聞いていたところ、エンジンがかからなくなってしまったそうです。まだ少し配達が残っているため至急来てもらいたいということでしたので、急いで現場に向かいました。30分ほどで現場に到着すると、会社名の入った軽トラックが停まっていたため、すぐに見つけることができました。まずは診断をするために、バッテリーの様子を確認。少しバッテリーが弱っている様子が見受けられました。そのうえ、停車中にラジオやランプを使用してしまったため、バッテリーが上がってしまったことが判明しました。「残りの配達だけでも終わらせたいです」とお客様。応急処置としてジャンピングスタートすることにしました。狭い道路だったため、救助車を近づけてのジャンピングスタートは難しそうでした。そこで、ジャンプスターターを用意することに。これを使えば狭い場所でも何とかエンジンを掛けることができそうです。それをお客様のトラックとつなげると、5分足らずでエンジンがかかりました。残りの配達中はラジオの使用は控えるよう説明させていただき、作業が終了となりました。お支払いの際に、「想像より早くて、配達が時間内に終わりそうで良かった」との声をいただきました。当社は高萩市内でのバッテリートラブルに迅速に対応しますので、お急ぎの方はご連絡ください。

高萩市中戸川のバッテリー上がり

最新施工事例画像02
対応エリア 高萩市中戸川
料金 11,000円

高萩市中戸川の山の中から入電です。時刻は午後5時ごろ、大学生から「キャンプ場でバッテリーが上がってしまった」とのご相談内容でした。お客様たちは、昨日車で高萩市のキャンプ場を訪れたそうでした。その際にルームランプを消し忘れてしまったのか、翌日帰ろうとしたらエンジンがかからなかったと言います。山の中なので他の友人を呼ぶこともできず、当社にご依頼いただきました。受付後、約40分でキャンプ場に到着。大学生4人が駐車場で待っていらっしゃいました。車種はよく見るコンパクトカーだったので、ジャンピングスタートはすぐに完了しました。自宅に帰るまでは2時間ほど走るというお話でしたので、その間に充電は完了するので問題はないと判断しました。お支払いは、現金がないということでしたのでクレジットカード決済を行いました。各種カード決済にも対応可能なので、急なバッテリー上がりでも安心してご利用いただけます。お支払いを済ませると、大学生4人はホッとした様子で帰っていきました。 ルームランプを消し忘れてしまうことはたまにありますよね。短時間であればバッテリーが上がることはあまりないですが、バッテリーが劣化していたり、丸一日など長時間点けっぱなしになっていたりした場合は電池を消耗しきってしまいます。これを防ぐ方法としては、タイマーが内蔵されているランプに付け替えるのが一番効果的です。消し忘れても数分経てば自動で消灯してくれる優れものです。ネットショッピングで簡単に買えるので、消し忘れが不安な方にはおすすめです。

高萩市安良川のバッテリー上がり

最新施工事例画像03
対応エリア 高萩市安良川
料金 12,000円

年末の午後8時ごろ、高萩駅近くの飲食店から「車が動かない」とのSOSです。原因はヘッドライトの消し忘れによるバッテリー上がりです。ご依頼主は30代男性で、夫婦で高萩市安良川にあるレストランにて夕ご飯を食べていたそうでした。その1時間ほどの間、ヘッドライトをつけっぱなしにしていたことに気が付かなかったようで、帰ってきたころにはもうエンジンがかからなくなっていたのです。近くに知り合いの整備工場があったものの、その日は年末休み。ネットで業者を検索したところ、当社を見つけていただきました。依頼が入って30分ほどで駐車場に到着。広い駐車場だったため、お客様の車の横に救助車を停めることができました。お客様は、なぜ気が付かなかったのかとひどく悔やまれておりました。そのような思いを晴らしてもらうために、急いで作業に取り掛かります。解決方法はオーソドックスなジャンピングスタートで、ブースターケーブルを使って車をつなぐことでエンジンを掛けました。エンジン音が聞こえると、お客様の顔が一気に明るくなりました。ずっと不安そうにされていたので、無事に復旧できて一安心です。その後は、自宅に帰るまでの道を1時間程ドライブして帰るよう、ご説明させていただきました。最後にお支払いを済ませ、現場を後にしました。 バッテリー上がりは日時を問いません。連休中なのにバッテリーが上がってしまった…。そのような時のために、当社は365日休まず営業しております。困ったときはお気軽にお問い合わせください。

高萩市大和町のバッテリー上がり

最新施工事例画像04
対応エリア 高萩市大和町
料金 13,000円

バッテリーは寒さに弱い、ということをご存じでしょうか。そもそもバッテリーは、内部のバッテリー液が化学反応を起こすことで電気が供給されます。しかし気温が低いと、その化学反応が弱まってしまうのです。冬にスマホの電池の消耗が早いと感じるのと同じ現象です。高萩市では、寒さによってバッテリー上がりを起こしてしまった事例があります。 冬の早朝、高萩市大和町にあるご自宅からお電話をいただきました。ご依頼主の40代女性は、お仕事に行こうとしたところ、いつも乗っている車が動かなかったそうです。昨日までは普通に動いていたのでおかしいと思い、プロに見てもらおうということで電話をしていただきました。遅刻は最小限で済ませたいのでなるべく早く来てほしいということでしたので、急いでご自宅へ伺いました。車が停まっていたのは狭くて薄暗い車庫の中でした。しかし後ろ向きに駐車していただいたので、救援車でのジャンピングスタートが可能だったのは幸いです。さっそく、ケーブルで車のバッテリー同士をつなぎジャンピングスタート。すぐにエンジンがかかりました。お客様は、「会社には午後になると伝えていたので、早くてビックリ!」と驚かれていました。当社はスピード駆けつけ・スピード対応が強みですので、お急ぎの方は当社にご連絡ください! 今回のケースのように、昨日まで動いていた車が動かないということは往々にしてあります。寒さによるバッテリートラブルを防ぐためにも、2~3年おきにバッテリーの点検をしましょう。また、こまめにエンジンを掛けることも有効です。週一回30分の走行が理想的です。

お客様からいただいた声
お客様からいただいた声

バッテリー上がり緊急隊に寄せられたお客様からのご感想です
お客様の声01

無事にエンジンがかかってよかったです
高萩市W.J様

出張先でバッテリーが上がってしまいました。知らない土地なので知り合いも当然いなく、救援を頼むことができませんでした。レッカー車を呼ぶことも覚悟したのですが、いろいろと検索している中で民間のロードサービス業者があることを知りました。恐る恐る電話をしてみると、感じの良いオペレーターの方が対応してくれました。電話が終わると30分前後で作業員の方が来てくれ、エンジンをかけてもらえました。まさかエンジンが再びかかると思っていなかったので、驚きました。

出張先でバッテリーが上がってしまいました。知らない土地なので知り合いも当然いなく、救援を頼むことができませんでした。レッカー車を呼ぶことも覚悟したのですが、いろいろと検索している中で民間のロードサービス業者があることを知りました。恐る恐る電話をしてみると、感じの良いオペレーターの方が対応してくれました。電話が終わると30分前後で作業員の方が来てくれ、エンジンをかけてもらえました。まさかエンジンが再びかかると思っていなかったので、驚きました。

お客様の声02

信頼できる業者さんだと思います
高萩市S.U様

突然、車のエンジンが掛からなくなってしまいました。旦那も仕事でいないため、業者さんを呼ぶしかありませんでした。一番心配だったのは費用の面で、異様に高い金額をとられてしまうのではないか…。そのような不安がありました。しかし、いくらかかっても車を動かさなくてはならないと思い、バッテリー上がり緊急隊さんを呼ぶことに。すると、作業の前にお見積りを出してくれ、詳細を丁寧に説明してもらえました。納得した上での作業だったので、費用の面においても信頼できました。

突然、車のエンジンが掛からなくなってしまいました。旦那も仕事でいないため、業者さんを呼ぶしかありませんでした。一番心配だったのは費用の面で、異様に高い金額をとられてしまうのではないか…。そのような不安がありました。しかし、いくらかかっても車を動かさなくてはならないと思い、バッテリー上がり緊急隊さんを呼ぶことに。すると、作業の前にお見積りを出してくれ、詳細を丁寧に説明してもらえました。納得した上での作業だったので、費用の面においても信頼できました。

お客様の声03

頼んでよかった!
高萩市U.U様

もう十数年も乗った車が、先日動かなくなってしまいました。さすがに寿命が来たかと思って放置していたのですが、なぜかずっと心がモヤモヤしていました。しばらくして、車に明るい知人に症状を話すと、「バッテリー上がりじゃない?」と言ってくれ、ダメ元で業者さんを呼ぶことにしました。すると、プロの方が診断をしてくれ、てきぱきとエンジンを掛けてくれたのです!またこの車に乗ることができて本当に良かったです。ここに頼んでよかったです!

もう十数年も乗った車が、先日動かなくなってしまいました。さすがに寿命が来たかと思って放置していたのですが、なぜかずっと心がモヤモヤしていました。しばらくして、車に明るい知人に症状を話すと、「バッテリー上がりじゃない?」と言ってくれ、ダメ元で業者さんを呼ぶことにしました。すると、プロの方が診断をしてくれ、てきぱきとエンジンを掛けてくれたのです!またこの車に乗ることができて本当に良かったです。ここに頼んでよかったです!

高萩市の地域情報

対応地域

赤浜|秋山|安良川|有明町|石滝|大能|春日町|上君田|上手綱|島名|下君田|下手綱|高戸|高萩|高浜町|中戸川|東本町|肥前町|福平|望海|本町|大和町|横川|若栗

各駅の近くももちろん
対応しております

高萩駅

高萩市周辺の
バッテリー上がりお役立ちリスト

茨城トヨタ自動車株式会社 高萩店
〒318-0013 茨城県高萩市高浜町3−8−3
トヨタカローラ新茨城(株)北茨城店
〒318-0001 茨城県高萩市赤浜999
日産プリンス茨城販売 高萩店
〒318-0001 茨城県高萩市955−1 赤浜字沼田
北関東マツダ 高萩店
〒318-0013 茨城県高萩市高浜町3丁目9−8
スズキアリーナ高萩
〒318-0001 茨城県高萩市赤浜914−2
坂本自工
〒318-0024 茨城県高萩市秋山2516−5
高萩鈑金
〒318-0003 茨城県高萩市下手綱1002−5
山中自動車整備工場
〒318-0023 茨城県高萩市島名1996−3
ときわ自動車整備工場
三光鈑金塗装工場
〒318-0021 茨城県高萩市安良川1100
オートリメイク・タケザワ
〒318-0004 茨城県高萩市上手綱3211
斎藤自動車整備工場
〒318-0024 茨城県高萩市秋山570−1
加藤自動車修理工場

高萩市の特徴

高萩市は茨城県にある人口2万7千人ほどの市です。茨城県の東北部に位置し、北茨城市や日立市と隣接しており、東は太平洋に面しています。
高萩市の市街地は海岸沿いにあり、西には多賀山地の山々が連なります。堅破山や土岳など標高500mを超える山が多いのが高萩市の特徴で、市の大半は山地となっています。
古くは常陸国多賀郡が置かれた地域で、江戸時代に入ると戸沢氏を藩主とする松岡藩が置かれました。しかし、戸沢氏の移封に伴い、1646年以降は水戸藩の支配下に置かれます。江戸時代の中期以降は水戸藩家老を輩出した中山氏がこの地を治めました。
明治に入ると後の常磐線となる鉄道路線が引かれ、常磐炭田の採掘が本格化します。当時の常磐炭田は首都圏に最も近い炭田で、旺盛な需要に支えられ、高萩は炭鉱の町として賑わいました。
戦後の1954年には、昭和の大合併に合わせ周辺1町3村と合併し、高萩市が誕生しました。しかし、1960年台に入ると炭鉱需要は減少し、1967年には高萩炭鉱と高萩鉱山が閉山されてしまいます。
現在の高萩市における中心産業は、木材加工や農業となっています。

高萩名産の「花貫フルーツほおずき」

花貫フルーツほおずきは、高萩市が力を入れて生産している食用のほおずきです。ほおずきと言えば、観賞用の植物というイメージが強いのですが、高萩のほおずきは食用とされています。
ほおずきは栄養価が高くスーパーフードとしての特性を満たしており、そこに着目して高萩で作られるようになったのが花貫フルーツほおずきです。
高萩市の山間部は水資源が豊富で土壌が豊かです。そして、1年を通した寒暖差が激しく、ほおずき生産に適した地となっています。花貫フルーツほおずきは、高萩市の山間部である大能地区で多く生産されています。
現在ではジャムやアイスクリームへの加工も始まっており、茨城県内だけではなく東京都内のレストランへの出荷も始まっています。
花貫フルーツほおずきは、その珍しさからテレビを始めとしたメディアへ取り上げられる事も多く、2016年には「茨城県おみやげ大賞」と「いばらきデザインセレクション・知事選定」をダブル受賞しました。
生産量が拡大傾向にあり、高萩市の新たな特産物として注目を集めています。

福島弁との共通点が多い高萩市の方言

茨城県の東北部にあり福島県にほど近い高萩市の方言は、福島弁との共通点が多くあります。
まず、茨城弁では「い」が「え」に変わる事が多いのですが、この特徴は高萩市ではあまり見られません。ただ、語尾に「べ」や「ぺ」が付くのは茨城弁と共通しており、たとえば、「来るだろう」と言うのは「くっぺ」と表現されます。
そして、高萩では否定する文章での語尾に、「ねー」が付く場合があります。たとえば、「寒くない」と言うのを「寒がねー」と言ったり、「短くない」と言うのを「みちかがねー」と言ったりします。この地方の方言に詳しくないと、否定形と強調形を混同してしまう可能性があるため注意が必要です。
さらに、高浜市の方言で珍しいのは、「〜のもの」を示す時に「がん」と言う表現です。たとえば、「俺のものだ」という時、「俺がんだ」と高萩では言われます。
ただ、以前の高萩では女性の一人称でも「俺」が使われていましたが、現在では「俺」という女性はほとんどいません。

家康より朱印地を授かった安良川八幡宮

安良川八幡宮は高萩市にある神社です。安良川沿いに鎮座している事から安良川八幡宮と呼ばれています。ただ、高萩市周辺で最大の規模を誇る神社である事から、高萩八幡宮と呼ばれる場合もあります。
安良川八幡宮は985年に、京都・石清水八幡宮を高萩の地に勧請した事により始まります。誉田別命、息長帯比売命、日女大神の3柱の神々が祀られています。
源平合戦時の前九年の役や後三年の役において、源氏方が安良川八幡宮を訪れ、戦勝を祈願しました。そして、戦勝を果たした源義家によって寄進された社領が、現在の境内となっています。
さらに、江戸時代初期の1602年には、45石の朱印地を徳川家康より授かりました。この朱印地の授受により、安良川八幡宮は幕府公認の神社とみなされ、1697年には水戸藩主の徳川光圀が参拝するなど水戸藩の保護を受けました。
境内には茨城県内最大級の大きさを誇る杉の巨木もあります。樹齢1000年を超えるとも言われ、国の天然記念物にも指定されています。

バッテリー上がり対応エリア一覧を見る

PAGE TOP
各種カード払いOK!0円見積り実施中!
受付時間:8:00~24:00 365日年中無休
バッテリー上がりコールセンター|受付時間|8:00〜24:00 365日年中無休 0120-658-119 無料診断を申し込む