品川区

品川区でバッテリー上がりなら3980円~最短30分

バッテリー上がり緊急対応いたします!バッテリー上がり緊急対応いたします!

車各種のバッテリーに対応します!

バッテリー上がりの前兆がありますバッテリー上がりの前兆があります

こんな症状の時はバッテリー上がりの可能性があります

バッテリー上がりすぐに解決いたします!
バッテリー上がりすぐに解決いたします!

品川区のバッテリートラブルに緊急対応!

お近くから30分で駆けつけ5分で復旧 バッテリートラブルに緊急対応!

バッテリートラブルに緊急対応!
軽自動車バッテリー上がり復旧3,980円〜
普通自動車バッテリー上がり復旧3,980円〜
トラックバッテリー上がり復旧5,980円〜
バッテリー上がり復旧に迅速対応!バッテリー上がりコールセンター0120-658-119 バッテリー上がり復旧に迅速対応!バッテリー上がりコールセンター0120-658-119
便利なお支払い方法も充実! 現金OK、カード払いOK、後払い決済OK
  • 1クレジットカードによるお支払いには、お客様ご本人名義のクレジットカードのみご利用いただけます。※エリアなどにより一部ご利用いただけないクレジットカードの種類がございます。
  • 2後払いご希望の方は、予めメールでお伝えください。一部対応していないエリアもございますのでご了承ください。

バッテリー上がりの主な原因はこの3つ
バッテリー上がり緊急隊
ロードサービスの
プロフェッショナル
です

作業にお伺いするスタッフは、十分な知識と技術をもったベテランのスタッフです。
ロードサービスのプロがすぐにバッテリー上がりを解決します。

無料診断からの流れ
まずはWEB、またはお電話にてお申込みください。
訪問の日程・時間をご連絡いたします。
無料診断からの流れ 無料診断からの流れ
お近くのバッテリー上がり緊急隊が選ばれる理由

バッテリーが上がったら駆け付けます!
バッテリーが上がったら駆け付けます!
最新施工事例

品川区平塚のバッテリー上がり

最新施工事例画像01
対応エリア 品川区平塚
料金 12,000円

品川区大崎のバッテリー上がり

最新施工事例画像02
対応エリア 品川区大崎
料金 15,000円

品川区八潮のバッテリー上がり

最新施工事例画像03
対応エリア 品川区八潮
料金 13,000円

品川区南品川のバッテリー上がり

最新施工事例画像04
対応エリア 品川区南品川
料金 11,000円

お客様からいただいた声
お客様からいただいた声

バッテリー上がり緊急隊に寄せられたお客様からのご感想です
お客様の声01


品川区S.F様

お客様の声02


品川区E.T様

お客様の声03


品川区I.I様

施工事例

  • 「品川区北品川」
    バッテリー上がり

    【品川区北品川】バッテリー上がりの施工事例

    本日の作業は、東京都品川区北品川にある現場で、ホンダ ステップワゴンのバッテリー上がりの修理を行いました。前の現場では、40代の女性からの依頼でした。バッテリー上がりの原因は自然放電による蓄積電力の減...

    続きはこちら
  • 「品川区中延」
    バッテリー上がり

    【品川区中延】バッテリー上がりの施工事例

    本日の出張先は東京都品川区中延にある40代男性の依頼で、トヨタ ルーミーのバッテリー上がり修理を行いました。依頼を受け、すぐに現場へ向かいました。車両の状態を確認すると、カーオーディオが使えないという...

    続きはこちら
  • 「品川区戸越」
    バッテリー上がり

    【品川区戸越】バッテリー上がりの施工事例

    本日、東京都品川区戸越において、ダイハツ アトレーのバッテリー上がりの修理作業を行いました。前の現場でも同様のトラブルが発生しており、お客様の安全運転のためにも注意喚起を行うことが必要です。午前10時...

    続きはこちら
  • 「品川区大崎」
    バッテリー上がり

    【品川区大崎】バッテリー上がりの施工事例

    本日の出張場所は、東京都品川区大崎にあるThinkParkTowerです。依頼内容は、マツダ ロードスターのバッテリー上がりです。前の現場では、同じくバッテリー上がりのトラブルがありました。原因はエン...

    続きはこちら
  • 「品川区北品川」
    バッテリー上がり

    【品川区北品川】バッテリー上がりの施工事例

    本日の出張先は東京都品川区北品川にある50代男性の依頼で、ダイハツ アトレーのバッテリー上がり修理を行いました。依頼人からの連絡を受け、すぐに現場へ向かいました。到着後、車両の状態を確認しました。ヘッ...

    続きはこちら
  • 「品川区大崎」
    バッテリー上がり

    【品川区大崎】バッテリー上がりの施工事例

    本日の出張先は東京都品川区大崎の30代女性の依頼で、マツダ CX-5のバッテリー上がり修理を行いました。依頼人からの連絡を受け、迅速に現場へ向かいました。到着後、車両の状態を確認しました。ヘッドライト...

    続きはこちら

品川区の地域情報

対応地域

荏原|大井|大崎|勝島|上大崎|北品川|小山|小山台|戸越|中延|西大井|西五反田|西品川|西中延|旗の台|東大井|東五反田|東品川|東中延|東八潮|平塚|広町|二葉|南大井|南品川|八潮|豊町

各駅の近くももちろん
対応しております

大崎|目黒|五反田|西大井|大井町|天王洲アイル|品川シーサイド|旗の台|荏原中延|戸越銀座|大崎広小路|不動前|西小山|武蔵小山|中延|戸越公園|下明神|荏原町|大森海岸|青物横丁|北品川|新馬場|鮫洲|立会川|戸越|大井競馬場前

品川区周辺の
バッテリー上がりお役立ちリスト

東京マツダ販売(株) 五反田営業所
〒141-0031東京都品川区西五反田5丁目4-1
東京トヨタ
〒140-0012東京都品川区勝島1丁目5
ネッツトヨタ東京
〒142-0051東京都品川区平塚2丁目12
ネッツトヨタ東京
〒140-0013東京都品川区南大井4丁目4
ガリバー品川店
〒140-0004東京都品川区南品川5丁目1-8
トヨタ東京カローラ
〒141-0031東京都品川区西五反田8丁目11
松中鈑金(株)
〒140-0011東京都品川区東大井1丁目5-6
メルセデス・ベンツ日本株式会社
〒140-0002東京都品川区東品川4丁目12−4 品川シーサイドパークタワー
小澤物産(株) 車両販売部
〒140-0004東京都品川区南品川5丁目1-8
ダイハツ東京
〒146-0081東京都大田区仲池上2丁目16
(有)エバラ自動車
〒142-0042東京都品川区豊町2丁目15-9
フォルクスワーゲン品川
〒140-0013東京都品川区南大井1丁目13-5
(有)ロードハウス
東京都品川区東品川1丁目5-10
Abe BMW品川総合サービスセンター
〒140-0013東京都品川区南大井1丁目8-11
Honda Cars品川
〒140-0004東京都品川区南品川5丁目5

品川区の特徴

品川区は東京23区の南部に位置する区で、港区、江東区、大田区、目黒区、渋谷区と隣接しています。人口は約41万人で、区の木はシイノキ、区の花はサツキです。市域は山の手台地と低地に位置し、東部は東京湾に面する埋め立て地となっています。目黒川と立会川が流れています。「品川」という市名の由来は、目黒川にあります。目黒川の河口付近の名を品川と呼んでいました。流れが穏やかだったため、湊として使用され「品の行き交っていた川」だったからとされています。江戸時代には五街道の一つ「東海道」の二番目の宿場町『品川宿』として発展しました。現在の中心となる駅は『大井川駅』です。ちなみに『品川駅』は港区にあります。また市内には『東海七福神』、『荏原七福神』があるなど、旧東海道沿いを中心に、神社仏閣が多いエリアになっています。劇団四季の『四季劇場』や『キャッツシアター』があるほか、『しながわ水族館』があるなど、観光スポットにも恵まれています。

銀座のレンガで復旧を遂げた商店街!『戸越銀座』!

品川区の豊町、戸越、平塚にまたがる戸越銀座通りに沿った商店街を『戸越銀座』と言います。全長約1.3㎞にわたる、関東地方有数の長さの商店街として全国的に知られています。店舗数は約400店舗と言われています。商店街のことを「○○銀座」と呼ぶ文化がありますが、その第一号は「戸越銀座」だと言います。関東大震災で被災した中央区「銀座」では、道路舗装に使用していたレンガをアスファルト化する工事が行われました。一方「戸越銀座」は不要になったレンガを道路に敷き詰めて、復旧します。このような縁もあり、「戸越銀座」と名乗っています。「戸越銀座」は、戸越銀座商店街(中央街)、次いで戸越銀座商栄会商店街(商栄会)、戸越銀座銀六商店街(銀六会)という3つの商店街で構成されていて、商店街ごとに、アーチや街路樹のデザインが異なります。1928年には商店街の玄関口となる『戸越銀座駅』が開業し、さらなる発展を遂げました。また2006年から2016年にかけて「無電柱化事業」が行われ、景観が改良されています。

徳川家の尊崇する特別な神社!『品川神社』

品川区北品川になる神社が『品川神社(しながわじんじゃ)』です。東海七福神の一社として、大黒天を祀っています。御祭神は天比理乃咩命(あまのひりとめのみこと)、素盞嗚尊(すさのうのみこと)、宇賀之売命(うかのみたまのみこと)です。1187年に源氏の総大将・源頼朝が安房国の『須崎神社』から海上交通安全と、祈願成就の守護神として、天比理乃咩命を勧請し、『品川大明神』と称したのが始まりとされています。1319年に宇賀之売命を、室町時代の1478年に太田道灌が素戔嗚尊を祀っています。徳川家康が『関ヶ原の戦い』へ出陣する際、「品川神社」を参拝し、先勝祈願したとされており、祈願成就のお礼に、奉納品と、朱印を受けます。徳川家の尊崇する特別な神社として、社紋も「丸に三つ葉葵」と定め、手厚い保護を受け、大きく発展しました。境内には富士塚の『品川富士』があります。また明治時代に活躍した政治家・板垣退助の墓も残されています。例大祭は毎年6月に行われています。

荏原の鎮守として崇敬を集める!『荏原神社』

品川区北品川二丁目に鎮座する神社が『荏原神社(えばらじんじゃ)』です。豊受姫之神(とようけひめのかみ)、天照皇大神(あまてらすおおみかみ)、須佐男之尊(すさのうのみこと)、高龗神(たかおかみのかみ)、手力雄之尊(あめのたぢからおのかみ)の5柱です。709年に奈良県の『丹生川上神社(にうかわかみじんじゃ)』より水神である高龗神の感情を受けて、南品川に創建したのが始まりとされています。1029年に『伊勢神宮』より、豊受大神、天照大神を勧請します。1062年に、源頼義・義家が、奥州安倍氏成倍に際し、「荏原神社」と『大國魂神社』で祈願し、品川の海中で身を清めたと言います。1274年には京都の『八坂神社』より、牛頭天王を勧請しました。それ以降、関東の武家より深い崇敬を受けて、南品川の鎮守となります。後に、現在地に遷座されました。1875年に「品川貴船社」の名を改めて、荏原郡の名を付けて「荏原神社」に改称しました。毎年6月には『天王祭』が行われます。天王洲沖で神面をつけた神輿が海に入る「御神面海中渡御」が行われます。

バッテリー上がり対応エリア一覧を見る
PAGE TOP
各種カード払いOK!0円見積り実施中!
受付時間:8:00~24:00 365日年中無休
バッテリー上がりコールセンター|受付時間|8:00〜24:00 365日年中無休 0120-658-119 無料診断を申し込む