バッテリー上がり駆け付けます!最短30分|年中無休365日|お見積もり無料 バッテリー上がり駆け付けます!最短30分|年中無休365日|お見積もり無料

バッテリー上がり
緊急対応いたします!

バッテリー上がり緊急対応いたします!

突然起こるバッテリー上がりに、お電話1本ですぐに解決させていただきます。お車を使用する頻度や内容により異なりますが、バッテリーのメーカー発表では2〜3年の間にメンテナンスが必要だったり寿命がくるそうです。

バッテリー上がりの
前兆があります

バッテリー上がりの前に自動車からサインがでています。ヘッドライトやウインカー、室内灯の明かりが、いつもより暗い。ワイパーの動きが遅い。エンジンをかける時、セルモーターの動きが弱いなど。いずれも事前のバッテリー点検で防ぐ事ができます。

車のエンジンがかからない原因

車のエンジンがかからない原因

ガス欠、バッテリーが上がっている、エンジンやその他部品の故障、スマートキー紛失などが考えられます。「エンジンがかからない原因」の多くがバッテリー上がりです。夏の暑い日のエアコンなど電装品の使いすぎ、冬場の気温の低下などご注意ください。

バッテリーが上がりの場合

バッテリー上がりが原因でエンジンがかからない場合、ロードサービス業者に依頼して解決できます。お手持ちのクレジットカードやご加入の自動車保険などに特約で付帯している場合、一般的な作業が無料で受けられます。

バッテリー上がりの主な原因はこの3つ
バッテリー上がりの
主な原因はこの3つ
お近くからすぐに
出動
します!

ライトの消し忘れ

ライトの
消し忘れ

エンジンが停止している状態でヘッドライトや室内灯などがつけっぱなしの場合、蓄電されているバッテリー内の電力が消費されるのでバッテリー上がり(電池切れ)になります。室内灯の消し忘れで次の日の朝、バッテリーが上がってエンジンが始動しないなど。

長期間エンジンをかけていない

長期間エンジンを
かけていない

長期間車のエンジンをかけていない場合や、あまり車に乗っていない場合もバッテリー上がりの原因となります。車の電装品のカーナビや時計など少量の電力ですが消費しています。エンジンをかけないと自然放電が進み最後にはバッテリー上がりになります。

エアコンなどの使いすぎ

エアコンなどの
使いすぎ

エンジンがかかっていてバッテリー充電状態でもエアコンなど電装品の使いすぎの過放電によりバッテリー上がりとなります。ライトをつけてエアコン最大使用、シガーソケットから携帯充電など消費する電力が充電を上回る場合は要注意です。

【別途費用が必要になる場合】
標準的なバッテリー上がりの料金をご案内させていただいております。
下記のような場合、別途見積もりが必要となりますが事前のお見積もりにてご提示させていただきます。

  • バッテリーの寿命が原因でバッテリーが復旧しない場合
  • 山間部やスキー場などの山奥で長距離の出張の場合
  • バッテリーの交換などの部材費が別途かかる場合
  • 車両側の故障やガス欠が原因でバッテリ上がりでない場合

バッテリー上がりの主な原因はこの3つ
バッテリー上がり緊急隊
ロードサービスの
プロフェッショナル
です

作業にお伺いするスタッフは、十分な知識と技術をもったベテランのスタッフです。
ロードサービスのプロがすぐにバッテリー上がりを解決します。

無料診断からの流れ
まずはWEB、またはお電話にてお申込みください。
訪問の日程・時間をご連絡いたします。
01
ご訪問

ご訪問

最短~30分で到着!バッテリーの状態を調査し復旧方法をチェックします。

02
お見積り

お見積り

調査のご報告をさせていただき金額のご提示をさせていただきます。

03
作業開始

作業開始

ジャンピング作業などでバッテリー上がりを復旧しエンジン始動します。

04
作業完了

作業完了

エンジン始動のご確認いただき作業完了です。ありがとうございました。

お近くのバッテリー上がり緊急隊が選ばれる理由

もしバッテリーが上がってしまったらまずはコチラをお試しください。
もしバッテリーが上がって
しまったら
まずはコチラを
お試しください。

ほかの車(救援車)の
バッテリーとつなぐ

周囲にほかの車がある場合、バッテリーのケーブルをつないで充電することが可能です。手順としては以下のとおりとなります。

ほかの車(救援車)のバッテリーとつなぐ
  • 01.救援車のエンジンを停止する
  • 02.赤いケーブルを自車のバッテリーのプラス端子に接続する
  • 03.赤いケーブルの反対側を救援車のバッテリーのプラス端子に接続する
  • 04.黒いケーブルを援護車のバッテリーのマイナス端子に接続する
  • 05.黒いケーブルの反対側を自車のバッテリーのマイナス端子に接続する
  • 06.援護車のエンジンをかける
エンジンが始動しない場合は

確かな金額正確な作業
バッテリー上がり緊急隊が
安心です。

確かな金額と正確な作業
お見積り無料!

お見積り無料!
正確な金額をご提示いたします。

「事前の説明がない」「最初の金額と違う」なんて事がないように、お見積り後の金額の上乗せや不必要なものの販売などは決して行いません。もちろん、お客様の許可なく勝手に作業をすすめる事はございません。

バッテリー上がり
よくあるご質問

Qすぐに現場まで来れますか?

A

お電話から〜30分以内での対応をこころがけております。お急ぎの方、ご相談ください。

Qバッテリー上がり復旧の作業時間は?

A

診断から復旧まで10~20分が一般的です。エンジン始動後はエンジンを切らずにバッテリー充電する必要があります。60分位のドライブがオススメです。

Qバッテリーの交換はできますか?

A

古くなったバッテリーの交換作業を行っております。車種や出張エリア、バッテリーの在庫の有無により対応できない場合もございます。

Qバッテリーを購入しました。交換作業を依頼できますか?

A

はい可能です。お客様がお持ちのバッテリーの交換作業を行っております。但し車種ごとに大きさ(容量)や向き(L・R)がございます。適合しないと交換できませんのでお買い求めの際はお気をつけください。

Q古いバッテリーの処分はできますか?

A

廃材バッテリーの処分は行っておりません。

Qどのようにしてバッテリー上がりを復旧しますか?

A

1:ブースターケーブルを使いバッテリーが満タンの救援車から電気をわけてもらいエンジンをかける手法。
2:小型バッテリーを使用してエンジンを始動する方法。

Q輸入車です。対応できますか?

A

はい対応できます。メーカーと車種を受付時にお伝えください。

Qエンジンがかかりません。バッテリー上がりの場合の症状を教えてください。

A

1:エンジンが始動しない。セルが回らない。
2:ウィンカーやヘッドライトが点かない。
3:カーナビやエアコンが動かない。

Q自分でバッテリー上がり解消できますか?

A

故障車のバッテリーと救援車のバッテリーをつなぐコード(ブースターケーブル)があれば可能です。つなぎ方の手順がありますので、間違えないように行ってください。*ショートする場合があります。

お客様からいただいた声
お客様からいただいた声

バッテリー上がり緊急隊に寄せられたお客様からのご感想です
お客様の声01

すぐにエンジンが掛かってほっとしました!
名古屋市T.I様

駐車場にしばらく停めていて、車を動かそうとしたら、セルを回さないとエンジンがかからなくなりました。バッテリーの警告灯が点灯していたことを思い出し、何か悪いことをしたのかとパニックになり、そちらに連絡し、来てもらうことにしました。到着後見ていただくとバッテリーの劣化だろうとのことで、応急処置としてジャンピングスタートでエンジンをかけていただき、なんとか近くのカー用品店にたどり着くことができました。警告を無視してエンジンを切ってしまったのが運の尽き、何とか事なきを得ました。

駐車場にしばらく停めていて、車を動かそうとしたら、セルを回さないとエンジンがかからなくなりました。バッテリーの警告灯が点灯していたことを思い出し、何か悪いことをしたのかとパニックになり、そちらに連絡し、来てもらうことにしました。到着後見ていただくとバッテリーの劣化だろうとのことで、応急処置としてジャンピングスタートでエンジンをかけていただき、なんとか近くのカー用品店にたどり着くことができました。警告を無視してエンジンを切ってしまったのが運の尽き、何とか事なきを得ました。

お客様の声02

直ぐに駆けつけてくれて助かりました
さいたま市O.S様

真冬の寒い日に車の中で人を待っている間、エンジンをかけて暖房をつけていたら、突然車内の電源がすべて落ちてしまいました。確かにエンジンはかかっていたのですが、暖房による消費量の方が多いような気がしたので、これは問題だと思い、御社に電話しました。想像していたよりもだいぶ早く現地に来ていただき、この車に合ったジャンプスターターでエンジンで始動させてくれました。また、夏場や冬場の駐車時にエアコンを長時間使用しないようすすめていただきました。

真冬の寒い日に車の中で人を待っている間、エンジンをかけて暖房をつけていたら、突然車内の電源がすべて落ちてしまいました。確かにエンジンはかかっていたのですが、暖房による消費量の方が多いような気がしたので、これは問題だと思い、御社に電話しました。想像していたよりもだいぶ早く現地に来ていただき、この車に合ったジャンプスターターでエンジンで始動させてくれました。また、夏場や冬場の駐車時にエアコンを長時間使用しないようすすめていただきました。

お客様の声03

とても丁寧な作業と説明で安心しました!
福岡市W.M様

朝、出かけるために車に乗ろうと思ったらエンジンがかからず、原因は不明ですがおそらくバッテリーではないのだろうと思いました。そこで、こちらの業者さんに電話をして、駐車場まで来てもらい、対処してもらいました。救助に来てくれた車のバッテリーにケーブルをつないでジャンピングスタートさせるとほどなくエンジンがかかりました。原因はバッテリーの電圧の低下だったようです。時々こういうことがあるとのことで、とても丁寧な対応をしていただいて安心してお任せすることができました。ありがとうございました。

朝、出かけるために車に乗ろうと思ったらエンジンがかからず、原因は不明ですがおそらくバッテリーではないのだろうと思いました。そこで、こちらの業者さんに電話をして、駐車場まで来てもらい、対処してもらいました。救助に来てくれた車のバッテリーにケーブルをつないでジャンピングスタートさせるとほどなくエンジンがかかりました。原因はバッテリーの電圧の低下だったようです。時々こういうことがあるとのことで、とても丁寧な対応をしていただいて安心してお任せすることができました。ありがとうございました。

バッテリー上がり復旧に迅速対応!バッテリー上がりコールセンター0120-658-119 バッテリー上がり復旧に迅速対応!バッテリー上がりコールセンター0120-658-119
便利なお支払い方法も充実! 現金OK、カード払いOK、後払い決済OK
バッテリー上がり対応エリア一覧を見る

バッテリーのお悩み豆知識バッテリーのお悩み豆知識

コラム 01

バッテリーとライトの関係性

フラッシャーをつけた際、ライトが一緒に点滅する!この理由はバッテリーが弱っているかアース不良の可能性あり!

バッテリーとライトの関係性

方向指示器には様々な呼び名があり、フラッシャーやウインカー、ターンシグナル、ターニングライトなどと呼ばれています。どれも方向を示す方向指示器のことを表します。そんなフラッシャーにおいて、右に曲がる際や左に曲がる際にフラッシャーをつけた際、ライトが一定の明るさではなく明るくなったり暗くなったりする場合があります。その際、ヘッドライトやメーターパネルの明るさまで一緒に明るくなったり暗くなったりする時は、バッテリーが弱っている合図です。また、テールランプが一緒に明るくなったり暗くなったりする場合は、バッテリーや車についているランプ類のアース不良が考えられます。このような症状が見受けられた場合は、トランクルームにあるコネクターやランプ、配線などの点検が必要です。

リヤのコンビネーションライトには、大きなレンズのなかにフラッシャーとハザードの兼用となる1つの電球があります。また、ブレーキランプとテールランプも1つの電球で補っています。ただし、ブレーキとテールの場合、フィラメントが別のためブレーキを踏むことで、テールランプだけではなくブレーキランプも加わり、その結果、テールランプはより一層、明るくなるように設定されています。このほかにも、バックアップランプやパーキングランプなども付いていて、それぞれを確認することで点検作業を行うことができます。 車の場合、電球の組み合わせはいろいろあり注意が必要なものとなります。例えば、フロント側には異形式のヘッドライトレンズがあります。その中にはヘッドライト用のハロゲンランプだけではなく、ほかのポジションランプがセットされていることも多いようです。また、フロントのフラッシャーランプにおいては両サイドのコーナーレンズのなかにサイドコンビネーションランプとして、前用と後用、横用のフラッシャーランプがそれぞれついている場合もあります。このように、電球の組み合わせは様々で同じ車種でも年式などが異なるだけで組み合わせが代わってくることもあります。

バッテリーの弱りの合図に、エンジン回転を上げた際にライトが明るくなるということがあります!

エンジン回転が上がった時にライトが明るくなる時は、バッテリーの充電不足またはオルタネーターの故障が考えられます。バッテリーは、電気を使いすぎることで充電不足が発生することがあります。また、バッテリーには寿命があります。まだ、1年から2年ほどしか使っていない場合は寿命だとは考えにくく、液量不足の前科がありサルフェーションを起こし充電ができていないといったことが考えられます。そのほか、Vベルトの張りの緩みによって充電できていない場合も考えられベルトを点検する必要もあります。これらは、バッテリーに原因があるトラブルとなります。

それに対し、もともと明るく一見問題ないように思えるライトにおいて、更に明るくなるといった現象が発生したときは、オーバーチャージによるオルタネーターの故障が考えられます。アイドリング中やわずかに回転が高い程度ならば明るさに大きな影響が出ることはありません。少し明暗があるかなという程度ならオルタネーターが回っているため当然の現象です。ただし、エンジンが2500回転以上またはそれ以上に高くなったとき、極端にライトが明るくなる時はオルタネーターのボルテージレギュレーターの故障が考えられます。 ライトの明暗は、周りの環境や目の馴れなどで判断が難しくなります。そこでポイントは、エンジン回転が上昇したときです。エンジン回転が上昇した際に一層明るくなる時は注意が必要です。発電機のICが故障している可能性が高く、ボルテージレギュレーターを交換する必要があります。IC関係の故障の原因は、洗車の際にオルタネーターを漏らしてしまった、大雨のなかエンジンフードを開けたことでオルタネーターが漏れてしまった、などが考えられます。また、バッテリーが上がった際、正しい方法で救援車と接続しないことでICをパンクさせてしまうこともあります。そのため、接続する際は必ずプラス・マイナスを間違わず接続することも重要です。

ライトが片側しか点灯しない!その原因はヒューズ切れの場合も…

片側しかライトがついていないという状態は、大きなトラブルに発生する危険性があります。そのような場合は、ヒューズ切れの点検を行います。また、コンビネーションスイッチの不良もヒューズ切れが考えられます。車の中には、左灯右灯それぞれにヘッドライトのヒューズを分けていることもあります。このような場合は、ヒューズボックスの表示を確認し、点灯しないほうのヒューズのみを取り出します。その後、灯りが付いている方のヒューズに付け替え灯りが付くようならヒューズが切れているということになります。それでも付かない場合は、ヒューズ切れではなくランプ切れです。また、ヒューズが左右分かれていない車の場合はランプ切れとなります。

また、完全にランプが付かないのではなく、ロービームだけが付かない、ハイビームだけが付かない、ということもあります。このような場合は、パッシングライトを付けてみてください。その際、点灯するようであればハイビーム用は問題ないということになります。一般的にヒューズ切れによってこのようなことが起きる傾向にありますが、コンビネーションスイッチの接続不良が原因ということも稀にあります。また、ロービーム用のライトの場合、使用頻度が高くランプ切れの可能性も十分に考えられます。様々な原因が考えられますが、ライト類の場合は流れる電流の大きさを考えるとヒューズ切れを初めに疑う必要があります。

車のヘッドランプには様々な種類があります。2灯式や4灯式。丸目や角目、異形式など。ただし、これらはあくまでも、見た目や数を表しているだけで電球の種類は2種類のみです。シールドビーム型の場合はレンズごと交換し、ハロゲンランプを使ったセミシールド型の場合は電球だけを交換することができます。もちろん、普通の電球の場合もあります。どちらも、電球の中に発光源が2つ付いていて、1つがハイビーム用、もう1つがロービーム用に分かれています。これらを運転席の操作で切り替えることになります。 ここで1つ注意ですが、ハロゲン球は非常に高温になります。そのため、手に付いている油分や指紋が付くことで、それらが焼き付いてしまい透明度が低くなってしまいます。それと同時にバルブの寿命も短くなってしまうため、素手で直接触らないよう注意が必要です。万が一、素手で触ってしまった場合は、綿棒などにアルコールを付け丁寧に汚れをふき取ることをおすすめします。

ライトが暗いのはバッテリーが弱り始めている証

ヘッドライトが暗くなることは非常に危険です。様々なトラブルを招きかねません。電気の使い過ぎも主な原因となるため、日ごろから電気を使い過ぎないように注意することも大切です。電気を使い過ぎるとバッテリーの蓄電量が少なくなってしまいます。例えば、渋滞中などにライトが暗くなっていると感じエンジン回転を上げると明るくなる時は、明らかに電気の使い過ぎです。その時は、渋滞が終わりスムーズに走ることができるまで我慢することになりますが、可能な限り必要でないものを止めるといったことも必要です。例えば、クーラーやヒーター。リヤガラスの熱電ヒーターなどを止めておきます。そのほか、車が信号などで停止しているときはヘッドライトを消しスモールライトにしておくこともおすすめです。このようなことを行いながらエンジン回転を上げバッテリーの充電を行うことが大切です。ちなみに、ラジオは消費電力が少ないため節約効果を期待することはできません。 バッテリーの蓄電量が少なくなってきている合図は、メーターパネルの明るさがエンジン回転に合わせ変わることです。

また、エンジン回転を上げたにも関わらずライトがイマイチ明るくならない場合は、ヘッドライトの汚れが考えられます。泥などが跳ねヘッドライトに付きレンズが汚れていることも少なくありません。長距離ドライブ中に夕方になって暗くなり、ヘッドライトを付けたら暗く感じるといった場合は、レンズの汚れの可能性が高くなります。フロントウィンドウのガラスが汚れているということは各ライト類も汚れていることが考えられます。そのため、フロントウィンドウの汚れを取り除く際には、各ライト類も一緒にきれいにしておく必要があります。そのほか、年式が古い車の場合、配線コード類も古くなり抵抗が増えます。それに伴いコネクター類も汚れてくるため、それが原因でライト類も暗くなっていることがあります。また、レンズ全体が電球になっているヘッドライトの場合は、古くなると暗くなります。ハロゲンライトも同じです。そのため、思い切って交換するといった手段も必要です。このほかにも、各コネクターやアース側の接触不良、リレーの不良なども考えられます。エンジン回転に応じ明暗が出る場合は、レギュレーターのトラブルも考えられます。これらの症状が現れた場合は、工場で調べてもらうと安心です。

コラム 02

バッテリーのオーバーチャージと良否の見分け方

バッテリーのオーバーチャージについて

バッテリーのオーバーチャージと良否の見分け方

バッテリーが過充電になるとガスが発生します。そのガスにはニオイがあり、酢酸のような強い刺激臭です。走行中、そのようなニオイに気付いたらオーバーチャージ状態だと考えるべきです。レギュレーターが故障している証となるため、すぐに専門店や整備工場に行き整備を依頼する必要があります。

最近の車のオルタネーターは、ビルトインタイプのIC回路付きです。低年式車の場合、過充電防止装置が組み込まれていない場合もあります。その結果、バッテリーの容量が満タンになっているにもかかわらず充電を繰り返してしまいます。そのため、バッテリーには規定以上の電気が入ってしまいバッテリー液の温度はさらに急上昇してしまいます。

バッテリー液は沸騰状態が続きガスが発生。そして、液の減少が発生し、高温になり樹脂製の電槽を変形させてしまいます。オルタネーターは、レギュレーターに加えダイオードを使用し発生した交流電流を直電流に変える機能も持っています。そのため、非常に水に弱い性質があります。オルタネーターは、電子部品を使用していることから熱に弱いものとなります。また、発電のために熱も発生するため、ファンを取り付ける、穴を大きく開け風通しをよくする、などして冷却を促しています。オーバーチャージはバッテリーによくありません。オーバーチャージさせてしまったバッテリーは極板まで劣化します。極板の活性物質が剥がれ容量の低下、脱落したものによる内部ショートもあり、バッテリーとしての機能は失われてしまいます。12Vのバッテリーの場合、6つの部屋がありますが、その1つでもトラブルが発生することで抵抗が増えてしまいエンジンの始動に差し支えが発生します。このような状態になってしまうと、ブースターケーブルのエンジン始動にも困難が生じることがあります。オーバーチャージの原因はオルタネーターにあるため、このようなことなった場合にはオルタネーターの修理が必要です。

バッテリーの良否は簡単に見分けることが可能

快適なドライブを維持するためには、良い状態のバッテリーを搭載しておく必要があります。そこで、今回、バッテリーの良否をどのように見分ければ良いのかご紹介させて頂きます。非常に簡単な方法でバッテリーの良否を見分けることが可能です。 まずは、過放電バッテリーを判断する方法です。一般的にエンジンをかけたとき、スターターの回る力が弱い場合やヘッドライトの明暗がエンジンの回転に応じて変動する場合で、バッテリーの良否を確認する人が多いと思います。しかし、実際には、これら以外にも簡単にバッテリーの良否を見分ける方法があります。

  • バッテリーケースを確認した際、外側に膨らんでいないか。
  • バッテリーのターミナル付近を確認した際、ターミナル付近にひびが発生して漏れていないか。
  • バッテリーの各セルを確認した際、量に違いはないか、白濁していないか、茶色く濁っていないか、極板が剥がれていないか、極板が空気に露出していないか、比重格差はないか。

これらの方法でもバッテリーの良否を見分けることが可能です。ただし、比重は比重計がないと測定することができないため、気になる場合はガソリンスタンドなどで計測する必要があります。また、バッテリーの液面を確認する場合は、アッパーレベルとローレベルの線の間にあれば問題ありませんが、アッパーレベルの線により近い方が良となります。バッテリーは使用すれば、電解液が蒸発や分離によって減ります。そのため、以上のようなことに該当していて、バッテリーが上がり気味だと感じている場合は、バッテリー不良と考えられ早めの交換をおすすめします。

接触不良を起こす原因に電極部分に白い粉が付いているといったことがあります。そのため、そのような汚れは丁寧に拭き取る必要があります。ぬるま湯を用いることで簡単に落とせます。また、バッテリー液を補充する際の注意事項は、アッパーレベルの線以上に入れ過ぎないことです。線以上に入れてしまうと走行中の振動などでバッテリー液が吹き出てしまい電極を腐食させる原因となります。これによって、白い粉が付く原因を作るだけではなく、コード類などを痛めてしまう可能性があります。電解液は希硫酸です。皮膚に付くと炎症を起こすほか目に入ると非常に危険なものです。衣服や金属にも影響を与えるほど強いものとなるため、万が一付いてしまったときは、すぐに水洗いするといった対策が必要です。 ターミナルの場合、緩みがあることで振動によって火花が発生。その結果、バッテリーから発生するガスに引火してしまうといった危険があります。このような事態にならないようターミナルのボルトはしっかりと締めておくことを忘れてはいけません。また、上面だけではなく、全体をきれいにしておく必要もあります。その際、一緒に本体の合成樹脂製の容器が変形していないかということも確かめておきます。過熱やボトルの締め過ぎなどが原因で変形することもあり、締めすぎにも注意しなければいけません。

PAGE TOP
各種カード払いOK!0円見積り実施中!
受付時間:8:00~24:00 365日年中無休
バッテリー上がりコールセンター|受付時間|8:00〜24:00 365日年中無休 0120-658-119 無料診断を申し込む