川崎市
バッテリー上がり
バッテリー上がり駆け付けます!最短30分|年中無休365日|お見積もり無料 バッテリー上がり駆け付けます!最短30分|年中無休365日|お見積もり無料

川崎市でバッテリー上がりなら3980円~最短30分

バッテリー上がり緊急対応いたします!バッテリー上がり緊急対応いたします!

車各種のバッテリーに対応します!

バッテリー上がりの前兆がありますバッテリー上がりの前兆があります

お困りの際はお近くのバッテリー上がり緊急隊へご連絡ください!

バッテリー上がり緊急隊・川崎
  • 店舗名

    バッテリー上がり緊急隊・川崎

  • 住所

    川崎市高津区溝口1丁目22-18

  • 電話

    0120-935-966

こんな症状の時はバッテリー上がりの可能性があります

バッテリー上がりすぐに解決いたします!
バッテリー上がりすぐに解決いたします!

川崎市のバッテリートラブルに緊急対応!

お近くから30分で駆けつけ5分で復旧 バッテリートラブルに緊急対応!

バイクでのツーリングや遠出は1年を通して季節を感じられるので楽しいものです。そんな旅路での故障などのトラブルをすぐに解決できるお手伝いをするのがロードサービスです。バッテリー上がりの原因は主に経年劣化です。長時間気付かないままライトなどで電気を消費してしまったり、逆にエンジンを定期的にかけていない場合もバッテリーが上がってしまいます。川崎市のバッテリー上がり緊急隊では、お困りのお客様のバイクや車を現地で拝見させていただき、必要に応じてジャンピング作業などの対応をすることができます。

バッテリートラブルに緊急対応!
軽自動車バッテリー上がり復旧3,980円〜
普通自動車バッテリー上がり復旧3,980円〜
トラックバッテリー上がり復旧5,980円〜
バッテリー上がり復旧に迅速対応!バッテリー上がりコールセンター0120-658-119 バッテリー上がり復旧に迅速対応!バッテリー上がりコールセンター0120-658-119

バッテリー上がりの主な原因はこの3つ
バッテリー上がり緊急隊
ロードサービスの
プロフェッショナル
です

作業にお伺いするスタッフは、十分な知識と技術をもったベテランのスタッフです。
ロードサービスのプロがすぐにバッテリー上がりを解決します。

無料診断からの流れ
まずはWEB、またはお電話にてお申込みください。
訪問の日程・時間をご連絡いたします。
無料診断からの流れ 無料診断からの流れ
お近くのバッテリー上がり緊急隊が選ばれる理由

バッテリーが上がったら駆け付けます!
バッテリーが上がったら駆け付けます!
最新施工事例

川崎市川崎区のバッテリー上がり

最新施工事例画像01
対応エリア 川崎市川崎区
料金 9,000円

川崎市川崎区からの緊急コール。連絡をしてくださったのは、70代の男性の方からでした。どうも車庫から車を出したくてもエンジンが掛からず困っているというものです。 かなり焦っていらっしゃったせいかどのような状況になっているのか掴めず、現場に向かうことにしました。 問題となっていた車を見て状況が分かりました。車庫に頭から入れている状態で、バッテリーが上がってしまった状態だったのです。非常に狭い車庫でスタッフの身体1つ分入り込むのが精一杯の環境。これではケーブルと救急車とつなぐことができないために、12Vの小型バッテリーを接続してエンジンを始動させることしかできません。幸いにもバッテリーをエンジン近くまで持ち込むことができたので、小型バッテリーとつなぐために何とか車を動かすことに成功。 この車もやはりバッテリーを4年近くも使っていたために、昨夜の冷え込みで急激に電気が低下したものと思われました。ご依頼者はかなり急がれており、そのまま車に乗って移動されようとしていたのですが、15分ほどそのままアイドリングして十分に充電されるまで待機されるように説明したのです。 もし、すぐに走って行っても途中でダウンしてしまう可能性が考えられるために十分に電気が蓄えられることをご理解いただかないと、再び走行中にバッテリー上がりが再発してしまい動かなくなる可能性があります。 一般的な処置は新しいものに交換されることで、ジャンプスタートはあくまで緊急的な応急処置であることをじっくりと説明したのです。

川崎市幸区のバッテリー上がり

最新施工事例画像02
対応エリア 川崎市幸区
料金 9,000円

友人宅に遊びに行き、帰ろうとしてバッテリー上がりに遭ってしまい困っているという川崎市からのSOSです。急いで現場に急行しました。事情を聞くと、うっかりライトをつけっぱなしだったそうで、よくあるパターンです。まずは状態を確認させてもらいました。今回はバッテリーそのものの故障ではないことが確認できたので、さっそく作業を開始です。しかし友人宅の駐車スペースは場所が狭く、我々の車を停めて、ケーブルで繋いで充電するにはスペースがありません。そこで今回はジャンプスターターという小型のバッテリーを使っての対応です。まずジャンプスターターには赤と黒のケーブル2つが付いています。このケーブルを車に接続しますが、接続の場所と順番が肝心です。まずは赤ケーブルを車のバッテリーのプラスに接続します。次に黒ケーブルをマイナスに接続します。順番や使い方1つでも間違えると危険なので、不慣れな方はプロに依頼した方が無難です。ちなみにジャンプスターターも、車の大きさによって使えるものが異なります。接続ができたらこの状態で車のエンジンをかけるのですが、今回はうまいこと1回で復活です。あとはケーブルを逆の順番で取り外していくだけです。依頼人もホッとしていましてましたが、肝心なのはこの後です。エンジンをかけることはできましたが、充電は不十分です。このまましばらくは走るようにお願いしました。作業自体は10分も掛からなかったのですが、状況をチェックしたりでもう少しの時間お邪魔していました。今回の川崎市でのバッテリー上がりのケースのように、作業のスペースなど状況によっては、ジャンプスターターを使うこともあります。ケースに合わせて対処することが、素早い問題解決になります。

川崎市中原区のバッテリー上がり

最新施工事例画像03
対応エリア 川崎市中原区
料金 12,000円

川崎市中原区からのご依頼は自宅の駐車場でのトラブルでした。自家用車を2台所有されている方だったのですが、1台はご子息が使っている軽自動車。もう1台が依頼者が使っている車だったのです。 ご相談内容はご子息に軽自動車のバッテリーが上がってしまったために復旧して欲しいという連絡です。軽自動車がご自分のセダンの前に停めてあるために動かすことができないとおっしゃるのです。 早速現場に急行して軽自動車に小型バッテリー(ジャンプスターター)をつなぎ、エンジンを起動させてどけてもらいます。しかし、今度はご依頼者本人のセダンも全く動きませんでした。というのも、しばらく車に乗る機会がなく3ヶ月もエンジンを回されていなかったことが発覚。これではエンジンが掛からないのも無理のないことです。 ご本人は2台ともエンジンがかからないとは想定外のことだったのですが、セダンもジャンプスターターでエンジンを回すことが問題なくできました。ただ、バッテリーが自己放電しることをご存知ではなかったのです。 車内に時計などの微弱の電流で動作しているものもあるために、電気は少しずつ消費されると同時にバッテリーから放電されていることに驚いていらっしゃいました。そのために定期的にエンジンをかけることを説明したのです。 但し、2台ともバッテリー上がりを生じたために、早急に新品と交換する必要性があることまで踏み込んで説明をいたしました。これでは再びエンジンが起動することができない可能性が予想されるためで、ドライバーの中には電気が充電できれば問題ないと考えていらっしゃる方も少なくありません。

川崎市高津区のバッテリー上がり

最新施工事例画像04
対応エリア 川崎市高津区
料金 11,000円

川崎市高津区からのバッテリー上がりのご相談は、久しく車に乗っていなかったお客さまからのご依頼でした。バッテリーが完全に上がってしまったために、全くエンジンが始動できないという内容。 ご連絡頂いた場所はご依頼者の自宅から徒歩10分ほど離れた青空駐車場でした。月極の駐車場で月額料金がとても安いために、マンション内の駐車場を借りずにここに停めているとのことでした。 そのために普段から車を使われるのは月に1度あるかないかということでした。しかも、ご依頼者は怪我のために2か月ほど車のエンジンをかけていなかったというのです。久し振りに車に乗っても、エンジンが全く動かない。そのために私ども救助隊に連絡が入ったわけです。 しかも、バッテリーは3年以上交換されていないこともわかり、自己放電と老朽化のためにバッテリーが上がってしまったと思われました。 応急処置的な施しとしては、ケーブルを救助車と接続してジャンピングスタートさせることで何とかエンジンを回すことができたのですが、かなり老朽化していたためか、エンジンの周り具合が一定していません。 このままだとすぐに始動させることができないと思われたために、30分ほどアイドリングを続けて1時間ほど走ってもらうようにお願いしたのです。ただ、1度放電していたためにバッテリーはできるだけ早く交換されることをお話したのです。 エンジンが始動すると、大抵のお客さまがすぐに安心されてしまうのですが、あくまで応急処置であることを強調してお話しています。

お客様からいただいた声
お客様からいただいた声

バッテリー上がり緊急隊に寄せられたお客様からのご感想です
お客様の声01

助けてもらって感謝です!
川崎市S.O様

目的地に向けて走っている途中で自動販売機を利用する際、ついエンジンを切ってしまったのが悪かったようで、その後に掛からなくなってしまいました。セルの故障も考えましたが、まずはバッテリーかと思い、ここに電話を掛けると、それほど掛からずに来てもらうことができました。先方もセルの可能性もあると言っていましたが、とりあえずジャンピングスタートをしてもらうと簡単にエンジンが掛かったので、バッテリーの残量の所為だったようです。普段こんなことはないので不思議な現象でしたが、ともかく走れるようになってよかったです。すぐに来てくれたことに感謝です。

目的地に向けて走っている途中で自動販売機を利用する際、ついエンジンを切ってしまったのが悪かったようで、その後に掛からなくなってしまいました。セルの故障も考えましたが、まずはバッテリーかと思い、ここに電話を掛けると、それほど掛からずに来てもらうことができました。先方もセルの可能性もあると言っていましたが、とりあえずジャンピングスタートをしてもらうと簡単にエンジンが掛かったので、バッテリーの残量の所為だったようです。普段こんなことはないので不思議な現象でしたが、ともかく走れるようになってよかったです。すぐに来てくれたことに感謝です。

お客様の声02

無事、家にたどり着くことができました!
川崎市E.B様

友達との二人旅。途中で眠くなり車を停め仮眠している間にバッテリーが上がってしまいました。近くに助けてもらうことができる人もいないため、救助をお願いしました。すぐに駆け付けてくださり、さっと、救助車にケーブルをつなげてくださった作業員さん。本当に手際も良く、作業している姿はかっこよかったです。私たちにとって作業員さんは救世主でした!おかげで、無事に家にたどり着くことができました。ありがとうございました。

友達との二人旅。途中で眠くなり車を停め仮眠している間にバッテリーが上がってしまいました。近くに助けてもらうことができる人もいないため、救助をお願いしました。すぐに駆け付けてくださり、さっと、救助車にケーブルをつなげてくださった作業員さん。本当に手際も良く、作業している姿はかっこよかったです。私たちにとって作業員さんは救世主でした!おかげで、無事に家にたどり着くことができました。ありがとうございました。

お客様の声03

急いでいるからこそプロに依頼すると早い
川崎市F.H様

車は休みの日に使うことが多く、平日の仕事は電車です。ある日、数日ぶりに車にのって出かけようとすると、エンジンがまったく動きません。用事があったのでとにかくプロの来てもらい見てもらいました。バッテリーの電圧がかなり低下しているようで、バッテリー上がりと診断されました。用事があるのでバッテリー交換はあとでやることにして、応急処置でエンジンがかかるまでを助けてもらいました。これ自体は15分もあれば終わり、あとはエンジンが止まらないように走り続けました。おかげで無事目的地まで到着できて、その後に本格的な点検も終えました。いつどこで起こるかわからないので、本当に心強かったです。

車は休みの日に使うことが多く、平日の仕事は電車です。ある日、数日ぶりに車にのって出かけようとすると、エンジンがまったく動きません。用事があったのでとにかくプロの来てもらい見てもらいました。バッテリーの電圧がかなり低下しているようで、バッテリー上がりと診断されました。用事があるのでバッテリー交換はあとでやることにして、応急処置でエンジンがかかるまでを助けてもらいました。これ自体は15分もあれば終わり、あとはエンジンが止まらないように走り続けました。おかげで無事目的地まで到着できて、その後に本格的な点検も終えました。いつどこで起こるかわからないので、本当に心強かったです。

川崎市の地域情報

対応地域

川崎区|幸区|中原区|高津区|宮前区|多摩区|麻生区

各駅の近くももちろん
対応しております

川崎|昭和|大川|武蔵白石|扇町|武蔵小杉|向河原|武蔵中原|武蔵新城|平間|登戸|稲田鼓|宿河原|中野島|久地|武蔵溝ノ口|津田山|鹿島田|尻手|川崎|八丁畷|川崎新町|浜川崎|新百合ケ丘|黒川|五月台|はるひ野|栗平|新百合ケ丘|百合ケ丘|柿生|登戸|生田|向ヶ丘遊園|読売ランド前|若葉台|八丁畷|鈴木町|小島新田|東門前|川崎大師|港町|産業道路|宮崎台|宮前平|鷺沼|高津|梶ヶ谷|高津|二子新地|溝の口|元住吉|新丸子駅

川崎市周辺の
バッテリー上がりお役立ちリスト

関東三菱自動車販売川崎店
〒212-0053神奈川県川崎市幸区下平間329
スズキアリーナ川崎南
〒210-0814神奈川県川崎市川崎区台町6-3
神奈川トヨタ
〒210-0021神奈川県川崎市川崎区元木1丁目1
ガリバー川崎幸店
〒212-0011神奈川県川崎市幸区幸町3丁目603
神奈川トヨタ自動車(株) ジョイパーク川崎
〒210-0021神奈川県川崎市川崎区元木1丁目4-1
VOLVO SELEKT 大田・川崎アプルーブドカーセンター
神奈川県川崎市都町62
横浜日野自動車川崎支店
〒210-0827神奈川県川崎市川崎区四谷下町25-6
ホンダカーズ川崎中央川崎大師店
〒210-0834神奈川県川崎市川崎区大島5丁目15-1
カーチス川崎
〒212-0016神奈川県川崎市幸区南幸町3丁目97
横浜日野自動車(株)川崎営業所
神奈川県川崎市川崎区四谷下町25-6
カーライフ川崎
〒210-0841神奈川県川崎市川崎区渡田向町22-3
トヨタカローラ神奈川
〒212-0055神奈川県川崎市幸区南加瀬4丁目12
メルセデス・ベンツ川崎
〒212-0004神奈川県川崎市幸区小向西町4-140
(株)アポロオートモービル
Ekiten (1)
〒210-0845神奈川県川崎市川崎区渡田山王町20-17

川崎市の特徴

川崎市は神奈川県の北東部に位置する市で、横浜市や東京都大田区、世田谷区や調布市、また狛江市や稲城市、多摩市や町田市、さらに千葉県木更津市と海上で隣接しています。人口は約153万人で政令指定都市、市の木はツバキ、市の花はツツジです。市域の北西部は旧石器時代の遺跡が残る古くから人が住んでいた場所で、南部はその当時は海底でした。江戸時代になると、二ヶ領用水が整備され、農業生産力が向上します。生産されたお米は江戸の『すし飯』として人気になります。東海道や中原街道に宿場町『川崎宿』が置かれて発展します。1872年には東海道線が開通し、『川崎駅』が設置されます。1924年に市制施行し川崎市が発足します。1952年には『川崎球場』が開場し、1964年には『よみうりランド』が開業しました。1993年には『ヴェルディ川崎』が『等々力陸上競技場』を本拠地都市、Jリーグ初代年間王者となります。現在は「川崎駅」中心に関東有数の繁華街が広がり、市の北西部にベッドタウンが広がります。さらに臨海部には京浜工業地帯がある工業都市としても発展しています。

川崎市民の憩いの場所!『生田緑地』!

川崎市の多摩区と宮前区にまたがる、多摩丘陵の一角に位置するのが『生田緑地』です。標高84mの『枡形山』をはじめとした起伏に富んだ地形が特色となっています。昭和39年から公園施設の整備が始まり、多摩丘陵の自然と、歴史的な遺跡などが残される市民の貴重な財産となっています。縄文早期に作られた土器や、『生田長者穴横穴古墳群』のある地としても知られています。また鎌倉幕府初代将軍・源頼朝の侍大将だった稲毛三郎重成が築いたとされる城跡「桝形山」もあります。360度の風景を一望できる展望台のある『桝形山広場』や、水生植物を鑑賞できる『水生植物鑑賞池』、『野鳥の森』、『菖蒲園』など、豊かな自然を満喫しながら安らげる施設がいくつもあります。また日本各地の代表的な古民家等を集めた『日本民家園』、プラネタリウムのある『青少年科学館』、さらに『岡本太郎美術館』や『藤子・F・不二雄ミュージアム』など、各種の文化施設が備わっていて、大人も子供も楽しめる、魅力的なエリアとなっています。

「あんで?」の意味は?神奈川の方言!

川崎市のある神奈川県に伝わっている方言を紹介します。東京に近い都会である川崎市にも方言はあります。例えば「あんで?」という方言があります。「あんで?」には「なぜ?」という意味があります。標準語で「なんでだよ?」と言う場面で、神奈川の人は「あんでだよ?」と言うことがあります。また「しゃべる」を神奈川の方言にすると、「くっちゃべる」になります。誰かが無駄話をしている場面を見たときなどに、「なに、くっちゃべってるんだよ?」などと言って、「何をしゃべっているの?」と質問することがあります。また「ありがとう」のことを、神奈川の方言にすると「あんがたぁ」になることがあります。少し乱暴で、愛嬌のある感じが、いかにも神奈川の方言らしく感じられるかもしれません。また「かっこいい」と感じた時、「かっちぇー」と言うことがあります。友達が全身の洋服のコーディネートをびしっと決めてきた時などに、「その服、かっちぇー」などと言います。このように、標準語が少し変化したような方言が、神奈川にはあります。

源氏ゆかりの八幡宮!『白幡八幡大神』

川崎市宮前区平に鎮座する神社が『白幡八幡大神(しらはたはちまんだいじん)』です。御祭神は玉依姫命(たまよりびめのみこと)、応神天皇、神功皇后です。1056年に源頼義が勅命を受けて、安倍頼時を征伐に出かける途中で、鎌倉の『鶴岡八幡宮』に参詣し、戦勝を祈願し、鎌倉から10里ごとに幣を立てました。1061年に無事に先勝し、凱旋の時に、その幣を立てた地に八幡宮を勧請したのが「白幡八幡大神」の始まりとされています。1192年に鎌倉幕府を開いた、初代将軍・源頼朝により、『源栄山八幡宮』の名で再建されたと伝えられています。その後、頼朝の正室・政子の妹を妻に迎えた稲毛三郎重成が、多摩丘陵にあった広大な「稲毛荘」を安堵され、『桝形山』に『桝形城』を築城して領主となり、「白幡八幡大神」は稲毛荘の総鎮守となりました。この「桝形山」は現在の『生田緑地』内にあります。1591年には徳川家康により、朱印地70石が寄進されています。1873年に郷社になり、「白幡八幡大神」と称されて、今に至っています。

バッテリー上がり対応エリア一覧を見る

PAGE TOP
各種カード払いOK!0円見積り実施中!
受付時間:8:00~24:00 365日年中無休
バッテリー上がりコールセンター|受付時間|8:00〜24:00 365日年中無休 0120-658-119 無料診断を申し込む