【さくら市以下に掲載がない場合】バッテリー上がりの施工事例

「さくら市以下に掲載がない場合」
バッテリー上がり

車メーカー

トヨタ

車種

シエンタ

バッテリー上がりの主な原因

自然放電による蓄積電力の減少(長期間車に乗っていなかった場合等)

バッテリー上がりの症状

メーターのランプが暗い

対応地域

さくら市以下に掲載がない場合

本日の出張は、栃木県さくら市松山新田でのバッテリー上がりの依頼です。車種はトヨタ シエンタで、30代の女性からの連絡でした。依頼内容によると、メーターのランプが暗いとのこと。おそらく自然放電によるバッテリーの蓄積電力の減少が原因である可能性が高いです。昼過ぎ、現地に到着しました。松山新田の住宅地にトヨタ シエンタが停まっており、30代の女性が玄関先で不安そうに待っていました。車内に入ると、確かにメーターのランプが暗く、エンジンのかからない状態が確認できました。まずは挨拶をし、症状を詳しく伺いました。女性によれば、最近は仕事が忙しくてなかなか車を使う機会がなかったそうです。数週間前から乗っておらず、今日久しぶりにエンジンをかけようとしたところ、何も反応がなくなってしまったとのことでした。この状況、おそらくバッテリーが自然放電してしまった可能性が高いです。ジャンプスターターを用いてエンジンをかけ、すぐにメーターランプが明るく輝きました。バッテリーの蓄積電力が不足していたことが分かります。バッテリーの寿命や性能は、車を長期間使用しない場合に影響を受けやすくなります。女性にはこの事象が「自然放電」と呼ばれるもので、特に乗らない場合はマイナス端子を外すか、定期的に車を走らせておくことが重要である旨、説明しました。作業が終わり、エンジンが安定して動作することを確認した後、バッテリーのマイナス端子を外す方法についてアドバイスしました。マイナス端子を外すことで、車に蓄えられている電力を遮断し、バッテリーの自然放電を防ぐことができます。また、普段からできるだけ車を動かしておくことで、バッテリーの寿命を延ばすことができます。女性はこの対処法に理解を示し、今後は気をつけてみると約束してくれました。料金についても8000円の了解をいただき、作業終了後には感謝の言葉をいただきました。これからもお客様が安心してカーライフを楽しむために、しっかりとサポートをしていきたいと思います。

お客様の声

さくら市K.M様

「バッテリー上がり修理センター」のスタッフの方々には感謝しています。今回初めて利用させていただき、とても迅速で丁寧なサービスに満足しています。作業員の方が到着すると、すぐに挨拶をしてくれて、こちらの状況を詳しく伺ってくれました。メーターのランプが暗いという症状に対して、バッテリーが自然放電してしまった可能性が高いとの説明があり、分かりやすかったです。ジャンプスターターを使ってエンジンをかけ、すぐにメーターランプが明るくなり、車が動き出しました。その後、バッテリーのマイナス端子を外す方法についても詳しく教えていただきました。自然放電を防ぐためには、これからはマイナス端子を外しておくか、できるだけ車を動かしておくことが大切なんだと学びました。料金についても納得のいく金額で、サービスもスムーズでした。今後もこのようなトラブルがあったときは、また利用させていただきたいと思います。ありがとうございました。

お近くのバッテリー上がり緊急隊が選ばれる理由
バッテリー上がり復旧に迅速対応!バッテリー上がりコールセンター0120-658-119
PAGE TOP
各種カード払いOK!0円見積り実施中!
受付時間:8:00~24:00 365日年中無休
バッテリー上がりコールセンター|受付時間|8:00〜24:00 365日年中無休 0120-658-119 無料診断を申し込む