【渋川市以下に掲載がない場合】バッテリー上がりの施工事例

「渋川市以下に掲載がない場合」
バッテリー上がり

車メーカー

スズキ

車種

アルト

バッテリー上がりの主な原因

ルームランプのつけっぱなし

バッテリー上がりの症状

メーターのランプが暗い

対応地域

渋川市以下に掲載がない場合

夕暮れ時、渋川市にあるバッテリー上がり修理センターが新たな出動要請を受けました。今回のミッションは、スズキアルトのバッテリー上がり修理でした。前回の現場が金井だったことを思い出しながら、設備やツールの点検を行い、今回もしっかりと作業に臨むことにしました。依頼人は40代の女性で、ルームランプのつけっぱなしにより、バッテリーが上がり、メーターのランプが暗くなってしまったとのこと。救援車を駆って現地に到着すると、アルトが停まっていました。車内は暗く、確かにメーターのランプがほとんど点灯していない様子でした。女性が不安げな表情で近づいてきました。まずは車のエンジンルームを確認し、バッテリーの状態を点検しました。ルームランプのつけっぱなしでバッテリーが上がるというのは、珍しいトラブルではありますが、車内の電装品が連続して使用されることでバッテリーへの負荷がかかり、放電してしまう可能性があります。ジャンピングスタートを行うことで、バッテリーに一時的な電力を供給し、エンジンをかけることに決定しました。ブースターケーブルを用意し、救援車のバッテリーとアルトのバッテリーをつなげ、エンジンをスタートさせました。エンジンがかかると同時に、メーターのランプも徐々に明るくなり、女性の表情もほっと安堵したように変わりました。しかし、これで終わりではありません。バッテリーが完全に充電されておらず、再び同じトラブルが発生する可能性があるため、予防策としてバッテリー強化補充液の使用を提案しました。今回はRO水を使用した補充液で、不純物や溶解成分を高レベルで除去した水がバッテリーの寿命を延ばし、性能を向上させる効果があります。女性は理解を示し、補充液をバッテリーに注入しました。その瞬間、車内の電装品が活気づくような感覚があり、充電が進んでいることを実感しました。最後に、エアコンの使いすぎによるバッテリー上がりについて注意喚起し、エンジンを切る際は電装品の使用状況を確認することの重要性を伝えました。女性は笑顔で納得し、「今後は気をつけます。ありがとうございました」と感謝の言葉を述べてくれました。最後に料金の説明を行い、女性は安心した様子で支払いを済ませました。彼女が安心して車を運転できるようになり、次の現場に向かう準備を整えました。

お客様の声

渋川市N.T様

夕暮れの時刻、私の愛車スズキアルトが急に動かなくなり、不安と焦りに包まれました。その時、駆けつけてくれた「バッテリー上がり修理センター」のスタッフに、心から感謝の気持ちを伝えたいと思います。40代の私は、ルームランプをつけっぱなしにしてしまい、バッテリーが上がってしまったようです。メーターのランプがほとんど点灯しなくなり、本当に焦りましたが、救援車で駆けつけてくれた作業員の方が、親切かつ迅速に対応してくださいました。車のエンジンルームを開け、バッテリーの状態を確認してくれた姿勢には、プロの技術と経験が感じられました。ジャンピングスタートを行い、エンジンがかかると同時に、車内が明るくなる瞬間は本当に安心感がありました。更に、バッテリーが完全に充電されていない可能性を考慮し、バッテリー強化補充液を提案してくれました。RO水を使用したこの液体が、バッテリーの性能向上につながると聞き、心から感謝しています。作業員の方の丁寧な説明もあり、車に対する新たな理解が生まれました。最後に、エアコンの使いすぎによるトラブル防止のアドバイスも頂き、今後の車の運転には気をつけようと思います。料金についても納得いくまで説明していただき、安心して支払いができました。「バッテリー上がり修理センター」のスタッフの皆さんには、本当にお世話になりました。プロフェッショナリズムと温かい対応に感謝しています。これからも皆さんの安心と快適なカーライフのサポートに期待しています。ありがとうございました。

お近くのバッテリー上がり緊急隊が選ばれる理由
バッテリー上がり復旧に迅速対応!バッテリー上がりコールセンター0120-658-119
PAGE TOP
各種カード払いOK!0円見積り実施中!
受付時間:8:00~24:00 365日年中無休
バッテリー上がりコールセンター|受付時間|8:00〜24:00 365日年中無休 0120-658-119 無料診断を申し込む