豊前市

豊前市でバッテリー上がりなら3980円~最短30分

バッテリー上がり緊急対応いたします!バッテリー上がり緊急対応いたします!

車各種のバッテリーに対応します!

バッテリー上がりの前兆がありますバッテリー上がりの前兆があります

こんな症状の時はバッテリー上がりの可能性があります

バッテリー上がりすぐに解決いたします!
バッテリー上がりすぐに解決いたします!

豊前市のバッテリートラブルに緊急対応!

お近くから30分で駆けつけ5分で復旧 バッテリートラブルに緊急対応!

豊前市のお宅で車のエンジンが掛からなくなってしまい、バッテリー上がりかもしれないので調べてほしい…というご依頼も歓迎です。もちろん、調査後の作業もお任せください。バッテリー上がりの原因は多岐に渡るので、ご自身で判断が付かない場合も多いかと思います。また、判断がついても道具が無いために何もできない…そのようなケースもあるでしょう。豊前市で車・バイクについてお困りの方はバッテリー上がり緊急隊までお気軽にお問い合わせください。

バッテリートラブルに緊急対応!
軽自動車バッテリー上がり復旧3,980円〜
普通自動車バッテリー上がり復旧3,980円〜
トラックバッテリー上がり復旧5,980円〜
バッテリー上がり復旧に迅速対応!バッテリー上がりコールセンター0120-658-119 バッテリー上がり復旧に迅速対応!バッテリー上がりコールセンター0120-658-119
便利なお支払い方法も充実! 現金OK、カード払いOK、後払い決済OK
  • 1クレジットカードによるお支払いには、お客様ご本人名義のクレジットカードのみご利用いただけます。※エリアなどにより一部ご利用いただけないクレジットカードの種類がございます。
  • 2後払いご希望の方は、予めメールでお伝えください。一部対応していないエリアもございますのでご了承ください。

バッテリー上がりの主な原因はこの3つ
バッテリー上がり緊急隊
ロードサービスの
プロフェッショナル
です

作業にお伺いするスタッフは、十分な知識と技術をもったベテランのスタッフです。
ロードサービスのプロがすぐにバッテリー上がりを解決します。

無料診断からの流れ
まずはWEB、またはお電話にてお申込みください。
訪問の日程・時間をご連絡いたします。
無料診断からの流れ 無料診断からの流れ
お近くのバッテリー上がり緊急隊が選ばれる理由

バッテリーが上がったら駆け付けます!
バッテリーが上がったら駆け付けます!
最新施工事例

豊前市鳥井畑のバッテリー上がり

最新施工事例画像01
対応エリア 豊前市鳥井畑
料金 8,000円

この日は、朝の11時ごろに豊前市鳥井畑にあるキャンプ場から、バッテリー上がりの緊急通報です。お電話をしてくださったのはご友人と一緒に軽自動車に乗ってキャンプに来ていた20代男性。昨日からこのキャンプ場に滞在していたお客様たちでしたが、朝起きたら乗ってきた車のバッテリーが上がっていたのです。お電話でのお話によると、原因はヘッドライトの消し忘れだそうです。昨夜、バーベキューの材料を買い足すために車に乗ったそうでした。その際につけたヘッドライトを消し忘れたまま一晩が経ってしまったのでした。そして朝になり、帰宅しようと車に乗ったらヘッドライトが点灯していることに気が付いたお客様たち。朝には既にバッテリーは上がっており、エンジンは掛かりません。近くに救援を頼める人もいなかったので、急いで豊前市の業者を検索したのでした。
救援車に乗り込み、現場へ急行。11時40分にはキャンプ場に到着しました。車はお父さんから譲り受けた中古車ということで、古い車種でした。2020年4月以降に販売された車にはオートライト機能が付いているため消し忘れることは少ないですが、それ以前の車にはオートライト機能が付いていないものも多いです。消し忘れには十分に注意してくださいね。さて、ジャンピングスタートを行ってエンジンを掛けます。救援車から電気を分け与え、バッテリーを充電すると、無事にエンジンが始動しました!お客様たちもホッとした表情になったので、私も一安心です。

豊前市中村のバッテリー上がり

最新施工事例画像02
対応エリア 豊前市中村
料金 8,000円

午後2時過ぎ、入電です。ご依頼が入ったのは豊前市中村にお住まいの40代女性のご自宅でした。お電話の内容は「バッテリー上がりの救援をしてほしい」というものです。どうやら、ご自宅の車庫でバッテリーが上がってしまったようです。その原因として考えられるのが、半ドアによるルームランプの点灯でした。お客様の車のルームランプにはDOORモードというものがあり、これはドアが開いた状態だと車内のランプが点灯する仕組みになっているのです。とても便利な機能ですが、半ドア状態でもドアが開いていると認識されてしまうため、ルームランプが点灯してしまうのです。昨日、小学生のお子様と出かけた際に、お子様が乗り降りした後部座席のドアが半ドアになっていたようです。まだ小さなお子様だとドアを閉める力が十分にない場合もありますので、よく確認することをおすすめします。
さて、お電話での受付が終了し、豊前市のご自宅まで向かいました。14時30分頃に到着し、ボンネット内を調査します。その結果、ジャンピングスタートで応急処置をすることになったためお見積書を作成し、お客様にご説明しました。いよいよ作業に入ります。ケーブルを繋ぎ10分ほど待機。そしてエンジンを掛けると無事にエンジンが掛かりました!しかし、まだバッテリーの充電は十分ではないので1時間程走行することでよく充電するようご説明。「とてもスムーズで驚きました!早くて助かります。」と嬉しい言葉を掛けてくださいました。

豊前市河原田のバッテリー上がり

最新施工事例画像03
対応エリア 豊前市河原田
料金 8,000円

今回のご依頼は、原付バイクのバッテリー上がりでした。ご依頼主は豊前市河原田にお住まいの70代男性で、お電話は朝の9時頃に入りました。お客様は原付バイクを交通手段としていたそうですが、ここ最近は健康のために自転車を使うことに。自然と原付バイクに乗る機会が減っていたそうでした。1カ月ほど乗っていなかったのですが、この日の朝、自転車で行くには少し遠いお店まで行くために、原付に乗ることに。普段通りエンジンを掛けようとしたのですが何故か掛からないのです。何度掛けようとしてもダメだったので、これはバッテリー上がりかもしれないと思い、豊前市にも対応している弊社『バッテリー上がり緊急隊』までお電話してくださったのでした。9時頃お電話をいただき、救援車での出動の準備を始めます。お客様宅に到着できたのは9時40分ごろでした。
バイクのバッテリーの様子を調査。あまり新しくはない様子でしたが、その場はジャンピングスタートでエンジンを掛けることになりました。救援車とブースターケーブルで接続し、10分ほど充電。そして原付のエンジンを掛けると、何とか掛かりました!その他電装品の作動も問題ないようでしたので、作業はこれで終了です。最後に、これからも頻繁に原付に乗るようであれば、バッテリー交換をすることをおすすめさせて頂きました。バイクに限らず、車に長期間乗らないとバッテリー内の電気が自然と放電されてしまうので、週一回30分は車を走らせるようにしましょう。

豊前市塔田のバッテリー上がり

最新施工事例画像04
対応エリア 豊前市塔田
料金 14,000円

車のテレビやオーディオは電力消費が多いのをご存じでしょうか。エンジンを止めたままこれらを長時間使ってしまうと、バッテリーの状態によっては簡単にバッテリーが上がってしまうのです。この日も福岡県豊前市塔田よりバッテリー上がりのお電話が入ったため出動することになりました。お電話を掛けてくださったのは、福岡県在住の20代女性。県内に用事があり車で豊前市まで来たそうです。しかし、予定の時間よりも1時間も早く着いてしまったため、空いている無料駐車場で時間を潰すことになりました。1時間ほど車内にあるテレビを見ていたお客様。そろそろ時間になったため出発しようとしたらエンジンが掛からなくなってしまったのです。絶対に外せない用事だったためとりあえずタクシーに乗り用事を済ませたお客様。夕方6時半ごろにこの駐車場に戻ってきた際に、弊社までお電話をしてくださったのでした。
すぐに駆けつけの準備を行い、出動。現場の豊前市塔田に到着したのは19時頃でした。今回バッテリーが上がってしまった一番の要因は、アクセサリーモードで長時間テレビを見ていたことです。アクセサリーモードとは、エンジンが掛かっていなくても電気が通っている状態を指します。つまり、発電は全くしていないのに電力の消費だけは行われているのです。そのため、今回のようなトラブルが起きてしまいました。とにかくジャンピングスタートでエンジンを掛けることに。作業時間20分ほどでエンジンは掛かり。無事に作業が終了しました。

お客様からいただいた声
お客様からいただいた声

バッテリー上がり緊急隊に寄せられたお客様からのご感想です
お客様の声01

車庫で作業をして頂きました
豊前市K.F様

豊前市に在住していますが、自宅の車庫に入れていた車のバッテリーが上がってしまいました。しかもその時はたまたま、車を前向きで駐車していたのです。知識もない上に車庫は人一人入れるくらいのとても狭いスペースしかなかったので、自分ではどうしようも出来ませんでした。そこで、豊前市にあるバッテリー上がり緊急隊へ依頼して出動してもらう事にしました。機械を持ち出し、狭い車庫の中でもスムーズに作業していただいたので、助かりました。

豊前市に在住していますが、自宅の車庫に入れていた車のバッテリーが上がってしまいました。しかもその時はたまたま、車を前向きで駐車していたのです。知識もない上に車庫は人一人入れるくらいのとても狭いスペースしかなかったので、自分ではどうしようも出来ませんでした。そこで、豊前市にあるバッテリー上がり緊急隊へ依頼して出動してもらう事にしました。機械を持ち出し、狭い車庫の中でもスムーズに作業していただいたので、助かりました。

お客様の声02

手際の良さに驚きました!
豊前市W.U様

豊前市のアパートで一人暮らしをしているのですが、父から譲り受けた車のバッテリーが上がってしまいました。突然エンジンが掛からなくなり焦りましたが、ネットでここのホームページを見つけたのでとりあえず電話してみることに。相談すると、すぐに駆けつけるということで来てもらうことにしました。なにより作業時間も短く、手際が良いことに驚きです。また作業をするだけではなく、その後のポイントやアドバイスもしていただいたので感謝しかありません。

豊前市のアパートで一人暮らしをしているのですが、父から譲り受けた車のバッテリーが上がってしまいました。突然エンジンが掛からなくなり焦りましたが、ネットでここのホームページを見つけたのでとりあえず電話してみることに。相談すると、すぐに駆けつけるということで来てもらうことにしました。なにより作業時間も短く、手際が良いことに驚きです。また作業をするだけではなく、その後のポイントやアドバイスもしていただいたので感謝しかありません。

お客様の声03

ここに頼めば安心
豊前市F.J様

先日、バッテリーが上がってしまった私の車を、バッテリー上がり緊急隊さんに直してもらいました。豊前市の業者さんでしたが、電話してから30分くらいで来訪してくれて、しっかりお見積りまで出してもらえたので安心してお任せできました。やはり自分だけではどうにもいかなかったので、プロの方に来ていただけるサービスがあるなんてとても有難く感じました。また何かあったらここに頼めば安心だなと思いました。ありがとうございました。

先日、バッテリーが上がってしまった私の車を、バッテリー上がり緊急隊さんに直してもらいました。豊前市の業者さんでしたが、電話してから30分くらいで来訪してくれて、しっかりお見積りまで出してもらえたので安心してお任せできました。やはり自分だけではどうにもいかなかったので、プロの方に来ていただけるサービスがあるなんてとても有難く感じました。また何かあったらここに頼めば安心だなと思いました。ありがとうございました。

施工事例

  • 「豊前市梶屋」
    バッテリー上がり

    【豊前市梶屋】バッテリー上がりの施工事例

    福岡県豊前市梶屋にある30代男性の自宅にて、トヨタ プリウスのバッテリー上がりの修理作業を行いました。お客様は前日ヘッドライトを消し忘れ、バッテリーが上がってしまったとのことでした。具体的な症状として...

    続きはこちら
  • 「豊前市野田」
    バッテリー上がり

    【豊前市野田】バッテリー上がりの施工事例

    本日は福岡県豊前市野田にある30代男性の自宅へ出張しました。依頼内容はトヨタ ノアのバッテリーが上がってしまい、エアコンがつかなくなったという症状でした。原因は自然放電による蓄積電力の減少である可能性...

    続きはこちら
  • 「豊前市永久」
    バッテリー上がり

    【豊前市永久】バッテリー上がりの施工事例

    本日は福岡県豊前市永久にある50代男性の自宅へ出張しました。依頼内容はトヨタ ピクシスエポックのバッテリーが上がってしまい、ヘッドライトがつかないという症状でした。原因はバッテリーの寿命である可能性が...

    続きはこちら
  • 「豊前市小犬丸」
    バッテリー上がり

    【豊前市小犬丸】バッテリー上がりの施工事例

    今日の出張先は福岡県豊前市小犬丸にある50代の男性の自宅でした。お客様からの依頼はマツダ キャロルのバッテリーが上がってしまい、パワーウィンドゥが開かないという症状でした。原因はワイパーの過剰使用によ...

    続きはこちら
  • 「豊前市吉木」
    バッテリー上がり

    【豊前市吉木】バッテリー上がりの施工事例

    今日は福岡県豊前市吉木でお客様のスズキ MRワゴンのバッテリー上がりの対処にあたりました。お客様は50代の男性で、エアコンの使いすぎが原因でエンジンが始動しないとのことでした。作業開始時、セルモーター...

    続きはこちら

豊前市の地域情報

対応地域

青畑|赤熊|荒堀|市丸|今市|岩屋|宇島|大河内|大村|大西|鬼木|皆毛|梶屋|上川底|川内|河原田|岸井|久路土|沓川|求菩提|小石原|小犬丸|才尾|三楽|篠瀬|下川底|下河内|松江|清水町|四郎丸|青豊|高田|千束|恒富|天和|塔田|鳥井畑|鳥越|中川底|中村|永久|野田|挾間|畑|畠中|八屋|馬場|久松|広瀬|堀立|三毛門|森久|薬師寺|山内|吉木|六郎

各駅の近くももちろん
対応しております

宇島駅

豊前市周辺の
バッテリー上がりお役立ちリスト

峯自動車整備工場
〒828-0045福岡県豊前市大字皆毛151-1
(有)西日本自動車
〒828-0052福岡県豊前市大字塔田604-1
中山自動車
〒828-0074福岡県豊前市大字下河内1482
時廣自動車
〒828-0054福岡県豊前市大字永久297
末吉自動車整備工場
福岡県豊前市赤熊347-1
(有)大城戸自動車整備工場
福岡県豊前市才尾78-3
カーライフYODA
〒828-0003福岡県豊前市大字中村697-1
コバック 豊前店
〒828-0024福岡県豊前市大字久松1-2
豊築自動車整備協業組合
〒828-0066福岡県豊前市大字大村33-1
南自動車鈑金塗装工場
〒828-0041福岡県豊前市大字梶屋133-1
泰成車両
〒828-0042福岡県豊前市大字堀立440-3
豊前マイカーセンター
福岡県豊前市久松93-9
車検のコバック豊前店
〒828-0024福岡県豊前市大字久松1-2
中島自動車商事(有)
〒828-0027福岡県豊前市大字赤熊809

豊前市の特徴

豊前市は福岡県の東部に位置する市で、築上郡築上町、吉富町、上毛町、大分県中津市と隣接しています。人口は約2万4千人で、市の木はヤマモモ、市の花はシクシシャクナゲです。市域の南部には筑紫山地が連なり、修験道の遺跡で知られている『求菩提山』や、国指定天然記念物の『ツクシシャクナゲ』が群生する『犬ヶ岳』がそびえています。また畑地区にある『畑冷泉』は、有名な湧水地として知られています。北部は周防灘に面していて漁業が盛んです。特産品として『シャコ』『ワタリガニ』などがあります。1955年に9村が合併し宇島市が発足しますが、四日後に豊前市と改名します。市内をJR九州日豊線が通り、市の代表駅は『宇島駅』となっています。経済的な結びつきは北九州市と強く、市民生活や文化面では中澤氏と深い関係があります。海と山、美しい水に恵まれた豊前市は、明治時代に建築された古民家を改修し、居住施設にするなど、田舎暮らしをしたい人を受け入れる活動をしています。

豊前海が育む特産品!『豊前本ガニ』と『豊前海一粒かき』!

豊前市の北部には豊前海が広がります。潮の干満の差が大きく広大な干潟が発達しているため、日本有数のワタリガニの漁獲量を誇っています。収穫されたワタリガニの中でも、大振りで実入りのよいものだけが『豊前本ガニ』としてブランド化され、販売されています。栄養豊富な豊前海の干潟で育ったカニは、濃厚なうまみと豊かな甘みが特徴的です。秋はオスガニ、冬は卵をもったメスガニの味が良いとされています。また、豊前海のミネラルをたっぷりと含んでいる、他の産地の牡蠣と比べて、殻に対し粒が大きいのが特徴の牡蠣が『豊前海一粒かき』です。「手間隙かけて一粒一粒丁寧に表面を磨いて殻付きのまま出荷する」ことから名づけられた、豊前市自慢の特産品となります。口に含むとぷるんとした食感が楽しめて、濃厚な風味が口の中一杯に広がると評判です。このように豊前市には豊前海に面していて、魅力的な海産物の特産品がたくさんあります。「豊前本ガニ」、「豊前海一粒かき」を味わうため豊前市を訪れてみてはいかがでしょうか。

「せからしか」の意味は?福岡の方言を紹介します!

豊前市が位置する福岡県の方言を紹介します。人気のある福岡の方言ですので、すでに聞いたことがある人もいるでしょう。一つ目が「せからしか」です。「せからしか」には「めんどくさい」「煩わしい」「うるさい」という意味があります。仕事をせずに、愚痴ばかりこぼしている後輩に対して、先輩社員が「うるさい」という意味で「せからしか!仕事しろ」と言ったりします。生意気なことを言う子供に対して、親が「せからしか!」と怒鳴ることもあるでしょう。次に紹介する福岡の方言が「ごたー」や「ごたる」です。「ごたー」や「ごたる」には「みたい」とか「そう」という意味があります。天気が曇りがちな時、「雨が降りそう」と言うかもしれません。福岡の方言に変換すると「雨が降るごたる」や「雨が降るごたー」になります。また男の子みたいに活発な女の子がいる時、「この子は男のみたい」と言うかもしれません。この文章を福岡の方言に変換すると「この子は、男の子のごたーね」になります。

疫病退散の御利益がある!『大富神社』

豊前市大字四郎丸山田に鎮座する神社が『大富神社(おおとみじんじゃ)』です。御祭神は住吉大神・宗像大神・八幡大神です。周囲に水田が広がる、のどかな田園地帯に鎮座しています。古来は『宗像八幡社』と称されていました。創建は、真早という人が、宗像三女神の神託を受け取ったことに始まると言います。社殿によると崇神天皇の時代にこの地に疫病が流行しましたが、国主が「大富神社」の神主に祈祷させると、速やかに治まったと伝わっています。『日本三大実録』に掲載されている歴史のある神社です。平安末期頃に『宇佐神宮』の弥勒寺『神宮寺』があったため、現在でも「宇佐神宮」との関係が深いです。境内には古来から「宇佐神宮」への勅使が、この地に宿泊するときに、水を汲んだと言われる『勅使井』と呼ばれる井戸があり、現在も、神職が「宇佐神宮」にこの井戸の水を持参しています。JR日豊本線『豊前松江駅』から徒歩30分程度で訪れることができます。

バッテリー上がり対応エリア一覧を見る

PAGE TOP
各種カード払いOK!0円見積り実施中!
受付時間:8:00~24:00 365日年中無休
バッテリー上がりコールセンター|受付時間|8:00〜24:00 365日年中無休 0120-658-119 無料診断を申し込む