稲敷市
バッテリー上がり
バッテリー上がり駆け付けます!最短30分|年中無休365日|お見積もり無料 バッテリー上がり駆け付けます!最短30分|年中無休365日|お見積もり無料

稲敷市でバッテリー上がりなら3980円~最短30分

バッテリー上がり緊急対応いたします!バッテリー上がり緊急対応いたします!

車各種のバッテリーに対応します!

バッテリー上がりの前兆がありますバッテリー上がりの前兆があります

お困りの際はお近くのバッテリー上がり緊急隊へご連絡ください!

お近くのバッテリー上がり緊急隊へ
  • 店舗名

    バッテリー上がり緊急隊・稲敷

  • 住所

    稲敷市下太田4642-8

  • 電話

    0120-901-336

こんな症状の時はバッテリー上がりの可能性があります

バッテリー上がりすぐに解決いたします!
バッテリー上がりすぐに解決いたします!

稲敷市のバッテリートラブルに緊急対応!

お近くから30分で駆けつけ5分で復旧 バッテリートラブルに緊急対応!

バッテリー上がり緊急隊は、365日年中無休で営業しており稲敷市でのバッテリー問題でお困りのお客様にいつでも対応できるようにスタッフが待機しています。即日対応はもちろんのこと、最短で30分で駆けつけてお車やバイクの復旧をいたします。復旧作業にかかる時間も最短で10分です。これほどスピーディーなのは当社の経験豊富なベテランスタッフが作業に当たるからです。稲敷市でのバッテリー関連のトラブルならバッテリー上がり緊急隊へお任せください。

バッテリートラブルに緊急対応!
軽自動車バッテリー上がり復旧3,980円〜
普通自動車バッテリー上がり復旧3,980円〜
トラックバッテリー上がり復旧5,980円〜
バッテリー上がり復旧に迅速対応!バッテリー上がりコールセンター0120-658-119 バッテリー上がり復旧に迅速対応!バッテリー上がりコールセンター0120-658-119
便利なお支払い方法も充実! 現金OK、カード払いOK、後払い決済OK

バッテリー上がりの主な原因はこの3つ
バッテリー上がり緊急隊
ロードサービスの
プロフェッショナル
です

作業にお伺いするスタッフは、十分な知識と技術をもったベテランのスタッフです。
ロードサービスのプロがすぐにバッテリー上がりを解決します。

無料診断からの流れ
まずはWEB、またはお電話にてお申込みください。
訪問の日程・時間をご連絡いたします。
無料診断からの流れ 無料診断からの流れ
お近くのバッテリー上がり緊急隊が選ばれる理由

バッテリーが上がったら駆け付けます!
バッテリーが上がったら駆け付けます!
最新施工事例

稲敷市椎塚のバッテリー上がり

最新施工事例画像01
対応エリア 稲敷市椎塚
料金 14,000円

稲敷市椎塚から入電です。お電話の内容は「営業所に駐車している営業車のエンジンが掛からなくなってしまった」というものでした。詳細をお聞きすると、昨日までは普通に動いており、ライト類や室内灯の消し忘れもない模様。ガソリンもきちんと入っているので、もしかしたらバッテリー関連のトラブルではないかということで、当社『バッテリー上がり緊急隊』を見つけてお電話していただいたようです。もしバッテリーに破損や液漏れがあったら大変なので、急いでお客様の営業所まで向かいました。到着すると、お電話してくださったお客様が待っていました。「外回りに行けなくなっていたので、早く来てくれて良かったです」と嬉しい言葉をいただきました。
さっそくボンネットを開けて車の調査に入ります。液漏れや破損等は無く、バッテリーの状態は良好でした。しかし電圧は下がっておりエンジンは全くかからない状態でした。考えられる一番の原因は、「寒さ」です。昨夜の稲敷市は氷点下を下回っており、バッテリーにとっては過酷な状況でした。そのため、十分に電気を供給できなくなってしまったのかもしれません。そのことをお客様にお話し、ジャンピングスタートで対処することにしました。これは救助車を使ってエンジンを掛ける方法です。ケーブルを順番通りに繋ぎしばらく待ちます。5分ほど経ってお客様の車のエンジンを掛けると、無事に掛かったようでした。真冬は寒さによってバッテリー上がりになることも珍しくないので、もしそうなった場合は焦らず当社にお電話ください。

稲敷市三次のバッテリー上がり

最新施工事例画像02
対応エリア 稲敷市三次
料金 14,000円

稲敷市三次には、霞ヶ浦が臨めるゴルフ場があります。そちらのパーキングからバッテリー上がりの緊急通報が入ったため、出動しました。今回のご依頼主は夫婦でゴルフに来ていた50代女性。旦那様の運転で来たそうなのですが、丸一日ゴルフを楽しみ車に戻ってきた際に、ルームランプが点灯していることに気が付いたのです。なぜだろうと車を開けてみたら、後部座席のドアが半ドアになっていたのです。お客様の車は半ドア状態だとルームランプが点くタイプの車だったので、長時間の点灯によってバッテリーが上がってしまったのでしょう。お電話口では大変ご不安そうなお客様の声が聞こえていました。すぐに駆けつける準備をして出発。35分ほどで現場に到着しました。お客様と合流すると、少しホッとした表情になったご夫婦。さっそく診断に入ります。やはり原因は過放電によるバッテリー上がりでした。「とりあえず家に帰れるように復旧をしてください」とのことでしたので、ジャンピングスタートを行うことにしました。幸い、駐車場は広く十分に作業するスペースがあったので、救援車をお客様の車のすぐ近くに停めて作業に当たりました。ブースターケーブルで車同士を接続し、エンジンを掛けると問題なくかかった様子です。しかし、ジャンピングスタートはあくまでも臨時の措置です。なるべく早く整備工場やカーショップに持っていきバッテリーを交換するようにアドバイスさせていただきました。

稲敷市伊崎のバッテリー上がり

最新施工事例画像03
対応エリア 稲敷市伊崎
料金 10,000円

この日のバッテリー上がりのSOSは、日曜日の朝8時過ぎにありました。ご依頼主である稲敷市伊崎にお住まいの40代男性からです。その日は一週間分の食材を買うためにスーパーに出かけようと車に乗ったら、エンジンが掛からないことに気が付いたそうです。原因が全く分からないためスマホで調べていたら、「バッテリー上がり」の文字が見えたそうです。しかし、ライトを消し忘れたわけでもなかったため、とりあえず状態を見てもらうために当社にお電話してくださいました。とにかくお客様のもとへ駆けつけるために、救援車に乗りこみました。朝8:40にはお伺いしていた住所に到着。さっそく車をくまなく調べてみると、お客様の言う通り特に異変は無い様子。ライトの光が弱いことから、やはり原因はバッテリー上がりなのではないかと考えました。お客様から普段の車の使い方を聞くと、「週一回スーパーに行くために5~10分ほどしか車に乗っていない」ということが引っ掛かりました。おそらく、バッテリー上がりの原因は車に乗る頻度が少ないことです。エンジンを掛ける際には多くの電力を消費しますが、5分ほどしか走行しないとなると充電はあまり貯まりません。そのうえ週一回しか走行しないため、発電量<使用量となりエンジンが掛からなくなってしまったのです。 原因が分かったためジャンピングスタートを行いました。すると、エンジンが問題なくかかり一安心。週一回30分以上は走行するのがベストということをご説明し、現場を後にしました。

稲敷市小野のバッテリー上がり

最新施工事例画像04
対応エリア 稲敷市小野
料金 11,000円

今回のご相談は、稲敷市小野川近くの路上よりありました。商業用バンに乗って配送をしていた30代男性からです。時間指定が14時~16時の荷物を届けるために、路上で時間を潰していたそうです。時間調整をする際はいつも同じ場所で時間を潰していたそうなのですが、その日は疲れがたまっていて眠かったため、少し仮眠をとることにしたそうです。しかし、ラジオがついていたことも忘れたまま眠ってしまい、起きた頃には既にエンジンが始動しなくなっていたのです。このままでは16時までにお荷物が届けられなくなってしまうので、すぐに来てくれるロードサービスの業者を探していたそうでした。「只今でしたら約30分でお伺いします」とご説明し、急いで現場に向かいました。 小野川沿いを走り、お客様のバンを発見。すぐに調査に入りました。やはりバッテリー上がりの原因は、エンジン停止中に電装品を長時間使用していたことで、ジャンピングスタートで処置をすることにしました。いつものように救援車とお客様の車をケーブルでつなぎます。きちんと順番を守らないとショートする恐れがあるため、ご自身で行う際には十分に注意して行ってください。エンジンを掛けると無事に車は復旧しました。しかしこの状態ではバッテリーの充電は貯まっていないので、最低でも30分以上は走行してからエンジンを停止するようご説明しました。お客様は「間に合いそうで良かったです!」と安堵の表情でお仕事に戻られました。

お客様からいただいた声
お客様からいただいた声

バッテリー上がり緊急隊に寄せられたお客様からのご感想です
お客様の声01

ジャンピングスタートを依頼しました
稲敷市I.U様

稲敷市の会社に勤めている者です。冬のまだ暗い時間帯に出勤した際、ヘッドライトを消し忘れてしまったようで、退勤したころにはバッテリーが上がってしまっていました。このままでは帰れないと思い、夜間も対応している業者を必死に探していたらこのバッテリー上がり緊急隊さんを発見しました。すがる思いで電話をすると30~40分くらいで職場まで来てくれ、ジャンピングスタートをしてくれました。夜間に作業に当たっていただきありがとうございました。

稲敷市の会社に勤めている者です。冬のまだ暗い時間帯に出勤した際、ヘッドライトを消し忘れてしまったようで、退勤したころにはバッテリーが上がってしまっていました。このままでは帰れないと思い、夜間も対応している業者を必死に探していたらこのバッテリー上がり緊急隊さんを発見しました。すがる思いで電話をすると30~40分くらいで職場まで来てくれ、ジャンピングスタートをしてくれました。夜間に作業に当たっていただきありがとうございました。

お客様の声02

電話一本で来てくれるのは素敵!
稲敷市S.G様

休日にショッピングセンターをブラブラしている間に、駐車場でバッテリー上がり。予想だにしなかったのでかなり焦っていました。スマホで「バッテリー上がり 稲敷市」で検索するとここの業者さんが出てきたので、とりあえず電話してみることに。すると、オペレーターの方が車の状態や車種、場所を優しく聞いてくださり、すぐに作業スタッフの方が来てくれました。スムーズな対応とスピーディーな作業のおかげでかなり救われました。大変お世話になりました。

休日にショッピングセンターをブラブラしている間に、駐車場でバッテリー上がり。予想だにしなかったのでかなり焦っていました。スマホで「バッテリー上がり 稲敷市」で検索するとここの業者さんが出てきたので、とりあえず電話してみることに。すると、オペレーターの方が車の状態や車種、場所を優しく聞いてくださり、すぐに作業スタッフの方が来てくれました。スムーズな対応とスピーディーな作業のおかげでかなり救われました。大変お世話になりました。

お客様の声03

駆けつけまでが早かったです
稲敷市S.A様

私がバッテリー上がりを起こしたのは自宅でした。友人と待ち合わせをしている場所に向かおうと思った時だったので、少しでも早く来てもらえるところは無いかと探しました。インターネットで調べてみると「最短30分」の文字。とは言っても1時間はかかるだろうと思って電話してみたのですが、本当に三十数分で来てくれました。駆け付けだけではなくて、作業自体もテキパキとやってくださいました。急いでいる方には特におすすめしたい業者です。

私がバッテリー上がりを起こしたのは自宅でした。友人と待ち合わせをしている場所に向かおうと思った時だったので、少しでも早く来てもらえるところは無いかと探しました。インターネットで調べてみると「最短30分」の文字。とは言っても1時間はかかるだろうと思って電話してみたのですが、本当に三十数分で来てくれました。駆け付けだけではなくて、作業自体もテキパキとやってくださいました。急いでいる方には特におすすめしたい業者です。

稲敷市の地域情報

対応地域

脇川|六角|四ッ谷|余津谷|八筋川|本新|村田|南山来|南ケ丘|南太田|光葉|三次|三島|狸穴|松山|町田|曲渕|堀之内|堀川|古渡|福田|東大沼|羽生|鳩崎|八千石|橋向|羽賀浦|羽賀|沼田|西代|中山|中島|時崎|寺内|手賀組新田|高田|清久島|角崎|月出里|須賀津|新橋|神宮寺|下馬渡|下根本|下須田|下君山|下太田|清水|柴崎|信太古渡|四箇|椎塚|佐原下手|佐原組新田|佐倉|境島|駒塚|小羽賀|石納|幸田|神崎本宿|結佐|桑山|上馬渡|上之島|上根本|上須田|上君山|蒲ケ山|釜井|柏木古渡|柏木|小野|押砂|岡飯出|太田|大島|江戸崎みらい|江戸崎甲|江戸崎乙|浮島|戌渡|犬塚|稲波|市崎|伊佐部|伊佐津|伊崎|飯出|飯島|甘田|阿波崎|阿波

各駅の近くももちろん
対応しております

駅がありません。

稲敷市周辺の
バッテリー上がりお役立ちリスト

トラックコネクション
〒300-0737茨城県稲敷市上須田5331-3
フットカーズ
〒300-0638茨城県稲敷市古渡254-1
グリーンモータース
〒300-0523茨城県稲敷市時崎394-1
茨城トヨペット江戸崎店
〒300-0504茨城県稲敷市江戸崎甲2561-1
茨城トヨタ自動車江戸崎店
〒300-0504茨城県稲敷市江戸崎甲571-1
カーショップFRC
〒300-1412茨城県稲敷市柴崎1285-2
(株)石井自動車
〒300-0603茨城県稲敷市伊佐部745-1
野口自動車整備工場
〒300-0622茨城県稲敷市神宮寺1263
(有)藤本自動車販売
〒300-0502茨城県稲敷市信太古渡77-1
(有)ネモト自動車
〒300-0513茨城県稲敷市桑山495-1
大久保自動車整備工場
〒300-0638茨城県稲敷市古渡183
宮本自動車整備工場
〒300-0734茨城県稲敷市結佐1447-1
協和自動車
〒301-0901茨城県稲敷市下根本1657
三協自動車工業
〒300-0617茨城県稲敷市福田1129-1
武山自動車整備工場
〒300-0642茨城県稲敷市下馬渡44-3
五十嵐自動車工房
〒300-1424茨城県稲敷市下太田533

稲敷市の特徴

稲敷市は茨城県の南部に位置する市で、潮来市や龍ケ崎市、牛久市や稲敷郡阿見町、また美浦村や河内町、さらに千葉県香取市、香取郡神崎町と隣接しています。人口は約3万9千人で、市の木はサクラ、市の花はキクです。2005年に江戸崎町・新利根町・東町・桜川村が合併し、稲敷市が発足しています。農業が盛んで、ブロッコリーやレンコン、カボチャやイチジクなどを栽培しています。市内には鉄道がとおっていませんが、JR常磐線の『土浦市』『ひたち野うしく駅』などを利用することができます。牧場テーマパークである『こもれび森のイバライド』や、チューリップが美しい『和田公園』など、市内外から訪れる人が多い、観光スポットも整っています。また『江戸崎祇園祭』では、山車が引き回される豪快な場面を見るために、市民が沿道を埋め尽くします。自然豊かな風土と、住みやすい環境が整っている稲敷市は、スローライフができる自治体として、今後も発展を続けていきます。

稲敷市の土地が育む!『江戸崎かぼちゃ』と『浮島レンコン』!

稲敷市は農業が盛んな土地柄で、数多くの特産品があります。その一つが『江戸崎かぼちゃ』です。甘くホクホクとした味わいが人気で、かぼちゃの有名ブランドとして知られています。平成27年に、北海道夕張市の「夕張メロン」や兵庫県の「神戸ビーフ」「但馬牛」と並んで、農林水産物や食品を国が地域ブランドとして保護する「地理的表示保護制度」に登録されるなど、全国区の知名度を誇ります。関東ローム層という火山灰でできた稲敷市の土地は、カボチャの栽培にぴったりです。畑でじっくり育てられた「江戸崎かぼちゃ」は、毎年6月に収穫されています。次に紹介する特産品が『浮島レンコン』です。稲敷市のある霞ケ浦周辺は、日本一のレンコンの産地として有名で、見渡す限りにレンコン田を見ることができます。「浮島レンコン」は、稲敷市が誇る特産品で、鮮度や品質、味ともに、圧倒的な信頼を得ています。直売所等で購入することができますので、稲敷市の「江戸崎かぼちゃ」、「浮島レンコン」に興味がある人は、購入してみてはいかがでしょうか。

「だっぺ」や「だべ」!語尾が特徴的な茨城の方言!

稲敷市がある茨城県には、独特の方言があります。特に茨城の方言らしい語尾がありますが、それが「だっぺ」です。標準語で話をして、最後に「だっぺ」を付けるだけで、なんとなく茨城出身者のような印象の話し方をすることができます。「ここは茨城です」を「ここは茨城だっぺ」に変えたり、「好きです」を「好きだっぺ」に変えるだけで、茨城っぽくなります。「だっぺ」には「だぺ」「ぺ」「べ」「だべ」など、様々な似た語尾があります。例えば「それで、今日は何しよう」「何しようか」という会話は、「そんで、今日は何すっぺ」「何すっぺね」となり、「そうだね」と返事をするときも、「んだぺ」になります。このように、茨城の人は「だっぺ」や「ぺ」などを巧みに組み合わせて、会話をしています。他にも「さっきからいたよ」は「さっきからいだべ」となり、「彼女いるの?」は「彼女いだっぺ?」となるなど、語尾に「だっぺ」やその仲間を使うことで、茨城の方言らしさを演出することができます。

大きな杉がある神社!『大杉神社』

稲敷市阿波にある神社が『大杉神社(おおすぎじんじゃ)』です。地元の人からは地名から「あんばさま」と呼ばれて親しまれていて、「阿波の大杉神社」として茨城百景にも選定されています。御祭神は倭大物主櫛甕玉命(やまとおおものぬしくしみかたまのみこと)です。767年に創建され、1241年に『今宮神社』から大己貴命と少彦名命の二柱を勧請合祀しています。神社内に大きな杉の木があることから、「大杉神社」という名前になりました。太郎杉、次郎杉、三郎杉の三本柱でしたが、1778年に太郎杉が焼失しています。律令制以前に菟上之国に属し、菟上国造を祀る重要な神社だったという言い伝えがあります。また以前この地は海に突き出した半島で、大きな杉の木は、領民の守護神であり、航路標識にもなっていました。豪華な拝殿が印象的で、「茨城の日光東照宮」と呼ばれることもあります。また境内に『勝馬神社』があり、JRAの美浦トレーニングセンターの関係者が、一年の祈願に訪れ、競馬ファンからも知られています。

バッテリー上がり対応エリア一覧を見る

PAGE TOP
各種カード払いOK!0円見積り実施中!
受付時間:8:00~24:00 365日年中無休
バッテリー上がりコールセンター|受付時間|8:00〜24:00 365日年中無休 0120-658-119 無料診断を申し込む