常総市
バッテリー上がり
バッテリー上がり駆け付けます!最短30分|年中無休365日|お見積もり無料 バッテリー上がり駆け付けます!最短30分|年中無休365日|お見積もり無料

常総市でバッテリー上がりなら3980円~最短30分

バッテリー上がり緊急対応いたします!バッテリー上がり緊急対応いたします!

車各種のバッテリーに対応します!

バッテリー上がりの前兆がありますバッテリー上がりの前兆があります

お困りの際はお近くのバッテリー上がり緊急隊へご連絡ください!

お近くのバッテリー上がり緊急隊へ
  • 店舗名

    バッテリー上がり緊急隊・常総

  • 住所

    常総市水海道諏訪町3029-1

  • 電話

    0120-938-821

こんな症状の時はバッテリー上がりの可能性があります

バッテリー上がりすぐに解決いたします!
バッテリー上がりすぐに解決いたします!

常総市のバッテリートラブルに緊急対応!

お近くから30分で駆けつけ5分で復旧 バッテリートラブルに緊急対応!

常総市の皆さん、バッテリー上がりとは突如として襲い掛かってくるものです。ですが、バッテリー上がりには「ライトが弱い」「エンジンがかかりにくい」などの前兆がある場合があります。少しでも不調を感じたら、バッテリー上がり緊急隊にご連絡ください。車のプロが診断をし、すぐに対応するようにいたします。対応車種は、ハイブリッド車や輸入車なども含め、全車に対応可能です。皆さんの快適な生活をお守りするためにスタッフが丁寧に作業しますので、365日営業の当社にお任せください。

バッテリートラブルに緊急対応!
軽自動車バッテリー上がり復旧3,980円〜
普通自動車バッテリー上がり復旧3,980円〜
トラックバッテリー上がり復旧5,980円〜
バッテリー上がり復旧に迅速対応!バッテリー上がりコールセンター0120-658-119 バッテリー上がり復旧に迅速対応!バッテリー上がりコールセンター0120-658-119
便利なお支払い方法も充実! 現金OK、カード払いOK、後払い決済OK

バッテリー上がりの主な原因はこの3つ
バッテリー上がり緊急隊
ロードサービスの
プロフェッショナル
です

作業にお伺いするスタッフは、十分な知識と技術をもったベテランのスタッフです。
ロードサービスのプロがすぐにバッテリー上がりを解決します。

無料診断からの流れ
まずはWEB、またはお電話にてお申込みください。
訪問の日程・時間をご連絡いたします。
無料診断からの流れ 無料診断からの流れ
お近くのバッテリー上がり緊急隊が選ばれる理由

バッテリーが上がったら駆け付けます!
バッテリーが上がったら駆け付けます!
最新施工事例

常総市大生郷町のバッテリー上がり

最新施工事例画像01
対応エリア 常総市大生郷町
料金 12,000円

常総市大生郷町の工場から入電です。時刻は夜の21時ごろ、非常に暑い熱帯夜でした。ご依頼主はその工場に勤務されている50代男性で、勤務が終わり帰ろうとしたところ、なぜかエンジンがかからないというお話でした。至急来てくださいとのことでしたので、一通りの準備を済ませて現場に向かいました。到着したのは21時40分ごろでした。お客様は「会員制ではないのに夜遅く来てくれるなんてすごいですね」と驚かれていました。当社は年中無休で営業をしている民間のロードサービスの業者です。毎日24時までお電話を受け付けておりますので、夜中であってもお気軽にお問い合わせください。 バッテリーが上がった原因を究明するために、直近の車の使用状況についてお伺いすることにしました。するとお昼ご飯を車の中で食べ、暑かったのでエアコンをつけ、30分ほどDVDまで見ていたそうでした。エンジンをかけていたかは覚えていないそうですが、この過放電によってバッテリー上がりを起こしてしまったのでしょう。とにかくジャンピングスタートさせるために、ブースターケーブルを救助車とつなげることに。すると5分ほどでエンジンがかかりました。お客様は、昨年変えた新しいバッテリーなのでなるべく換えたくないと仰いました。ライトの光やエンジン音からしても、一見交換する必要はなさそうに思えます。しかし一度上がったバッテリーは大きく劣化していることが考えられます。放っておくことはバッテリー上がりの頻発にも繋がり危険ですので、一度点検に出すことをおすすめして現場を去りました。

常総市小保川のバッテリー上がり

最新施工事例画像02
対応エリア 常総市小保川
料金 10,000円

金曜日の午後6時ごろ、常総市小保川からバッテリー上がりの通報が入りました。ご依頼主は常総市にお住いの50代女性で、週末に1人暮らしをしている娘さんが電車で帰ってくるということで、玉村駅まで車で迎えに行ったそうでした。しかし電車が遅れてしまうという連絡が入り、待つために路肩に車を停めてエンジンを切り、ハザードランプを点けていたそうです。また、車でラジオを聞いていたので、消費電力が大きくなり、エンジンがかからなくなってしまったというご依頼内容でした。お父さんに頼んだところ、もうお酒を飲んでしまったそうで、他に頼れる人がいないためロードサービスを呼ぶしか手がないとお考えになり、当社にお電話していただきました。18時25分ごろ駅に到着し、お客様と合流しました。娘さんは既に到着し、お2人で待っていました。ジャンピングスタート作業自体は10分もかからず終わり、無事にエンジンを掛けることができました。しかし、バッテリーは少し膨張していたことから、なるべく早くバッテリーを交換することをおすすめさせていただきました。 お客様は、「こんなにすぐ来てくれるとは思っていませんでした。帰れなくなるころをありがとうございました。」と涙目でお話されていました。今回は、かなりバッテリーが劣化していたため、短時間のハザードランプやラジオの使用でもバッテリー上がりを起こしてしまったのでしょう。急なバッテリートラブルを防止するために、2~3年おきにはカーディーラーなどでメンテナンスをしてもらうことをおすすめします。

常総市横曽根新田町のバッテリー上がり

最新施工事例画像03
対応エリア 常総市横曽根新田町
料金 15,000円

5月下旬、夕方に常総市横曽根新田町からバッテリー上がりのSOSです。お電話をしてくださったのは、70代の農家をされている男性。その時は田植えのピークだったため、農道に軽トラックを停めて田んぼの手入れをしていたそうです。日も沈みかけてきたため家に帰ろうと、軽トラックのエンジンを掛けようとしても全くダメだったということで、当社に依頼していただきました。キーを差し込んでセルを回しても音が鳴るばかりでエンジンがかからないというお話でしたので、バッテリーが原因ではないかと思い、急いで現場の農道に急行しました。到着するころには日は沈んで薄暗かった上に、車一台通るのがやっとの狭い農道だったため、作業は困難を伴いました。作業スペースの関係上、救援車でのジャンピングスタートはできません。そこで「ジャンプスターター」と呼ばれる小型バッテリーでエンジンを掛けることに。お客様のトラックとつなげると、5分ほどでエンジンは始動。それと同時に、いつのまにかヘッドライトがついていることに気が付きました。バッテリー上がりの原因は、ヘッドライトの消し忘れだったのです。お客様はいつ点けたのか覚えていないということでしたが、長時間つきっぱなしになっていたせいでバッテリー上がりを起こし、いつの間にか車の電気が全て落ちていたのです。このようなケースは珍しかったので、非常に印象的でした。 その後はお支払いを済ませ、お客様は無事に帰路につくことができました。「これからはライトには気を付けたいね」とお客様。車から離れる際は、きちんとライトや室内灯を消したか確認する癖を付けましょう。

常総市内守谷町のバッテリー上がり

最新施工事例画像04
対応エリア 常総市内守谷町
料金 9,000円

バッテリー上がりのお電話をいただいたのは、常総市内守谷町にあるコンビニからでした。今回のご依頼主は20代男性で、乗っていた200ccのバイクがコンビニの駐車場でバッテリー上がりを起こしてしまったというものです。ライト類を点けっぱなしにした覚えはないのにエンジンがかからないため、見てくださいというご相談内容でした。とにかく現場に向かって状況を確認したいと思い、コンビニに急行しました。約30分後に到着すると、お客様がバイク友達2人と不安そうな状況で待っていらっしゃいました。さっそくバイクを確認すると、ライトの光はかなり弱く、電圧も基準より低かったことが分かりました。5年前に買って以来バッテリーを交換していないというお話でしたので、寿命が来てしまったのでしょう。「行きつけのバイク屋に行くまでの応急処置をしてもらいたい」とのことでしたので、ジャンピングスタートを試みました。かかるか不安がありましたが、小型バッテリーとつなげるとなんとかエンジンがかかりました。電圧をチェックしても問題なさそうだったので、そのままバイク屋に行くようお話をしました。 車・バイクのバッテリーの寿命は通常2~3年と言われています。バッテリーは決して安い部品ではないので、少しでも長持ちさせたいものです。バイクのバッテリーの寿命を延ばす主な方法は、フルで充電されている状態を保つことや、急速充電ではなくゆっくり充電することがあげられます。また、長期間乗らないことが分かっている場合は、車体からバッテリーを外しておくことも効果的でしょう。  

お客様からいただいた声
お客様からいただいた声

バッテリー上がり緊急隊に寄せられたお客様からのご感想です
お客様の声01

プロフェッショナルが来てくれました
常総市A.O様

私の不注意で、バッテリーが上がってしまいました。ネットで調べ、ヒットしたここに電話をして、来ていただくことになりました。30~40分ほどで来てくれ、すぐに車同士を繋げてエンジンを掛けてくださいました。また、バッテリー上がりを起こしてしまった原因を事細かに教えてくれ、再発を防止する方法も教えてくださいました。本当にプロの方だったので、技術や知識に圧倒されました。安心してお任せできるので、一人では不安な方はお願いしてしまうのが一番いいと思います。

私の不注意で、バッテリーが上がってしまいました。ネットで調べ、ヒットしたここに電話をして、来ていただくことになりました。30~40分ほどで来てくれ、すぐに車同士を繋げてエンジンを掛けてくださいました。また、バッテリー上がりを起こしてしまった原因を事細かに教えてくれ、再発を防止する方法も教えてくださいました。本当にプロの方だったので、技術や知識に圧倒されました。安心してお任せできるので、一人では不安な方はお願いしてしまうのが一番いいと思います。

お客様の声02

クレジット決済にも対応していました
常総市U.R様

出かけた先でバッテリー上がりを起こしてしまい、お世話になった者です。私は普段現金をあまり持ち歩かないので、急なバッテリー上がりにはかなり焦りました。クレジットカードも使える業者を探し、ここにお願いしました。駆けつけも作業も、すべてにおいてスピーディーで驚いたのを覚えています。待ち時間が少なく、不安も感じることなく車が復旧しました。クレジット決済したい方だけではなく、すべての人におすすめしたい業者さんです。

出かけた先でバッテリー上がりを起こしてしまい、お世話になった者です。私は普段現金をあまり持ち歩かないので、急なバッテリー上がりにはかなり焦りました。クレジットカードも使える業者を探し、ここにお願いしました。駆けつけも作業も、すべてにおいてスピーディーで驚いたのを覚えています。待ち時間が少なく、不安も感じることなく車が復旧しました。クレジット決済したい方だけではなく、すべての人におすすめしたい業者さんです。

お客様の声03

狭い車庫でバッテリーが上がってしまいました
常総市E.G様

人一人がようやく入れるくらいの狭い車庫で、車が動かなくなってしまいました。どうすることもできず、とにかくロードサービスを呼ぶことに。様々な業者がある中であまり何も考えず、ここの業者さんを呼びました。狭い場所での作業できっと大変だっただろうに、大変な表情を一切見せず最後まで丁寧に作業してくださいました。早くて確実なのに、良心的なお値段!ここに頼んで本当に良かったと思います。狭い場所での作業、本当にありがとうございました。

人一人がようやく入れるくらいの狭い車庫で、車が動かなくなってしまいました。どうすることもできず、とにかくロードサービスを呼ぶことに。様々な業者がある中であまり何も考えず、ここの業者さんを呼びました。狭い場所での作業できっと大変だっただろうに、大変な表情を一切見せず最後まで丁寧に作業してくださいました。早くて確実なのに、良心的なお値段!ここに頼んで本当に良かったと思います。狭い場所での作業、本当にありがとうございました。

常総市の地域情報

対応地域

相野谷町|東町|新井木町|伊左衛門新田町|内守谷町|内守谷町きぬの里|大崎町|大沢|大沢新田|大塚戸町|大生郷新田町|大生郷町|大輪町|岡田|沖新田町|小保川|川崎町|蔵持|蔵持新田|栗山新田|鴻野山|鴻野山新田|国生|小山戸町|五郎兵衛新田町|坂手町|崎房|笹塚新田町|左平太新田|篠山|十花町|上蛇町|新石下|菅生町|杉山|収納谷|大房|舘方|長助町|東野原|豊岡町|豊田|中妻町|中沼|中山町|花島町|羽生町|馬場|馬場新田|原宿|兵町|福二町|古間木|古間木新田|古間木沼新田|平内|平町|曲田|孫兵ヱ新田|三坂新田町|三坂町|水海道亀岡町|水海道川又町|水海道高野町|水海道栄町|水海道諏訪町|水海道宝町|水海道天満町|水海道橋本町|水海道淵頭町|水海道本町|水海道元町|水海道森下町|水海道山田町|箕輪町|向石下|本石下|本豊田|山口|横曽根新田町|若宮戸

各駅の近くももちろん
対応しております

水海道駅|南石下駅|中妻駅|石下駅|玉村駅|三妻駅|北水海道駅

常総市周辺の
バッテリー上がりお役立ちリスト

茨城トヨタ自動車株式会社 水海道店
〒303-0041 茨城県常総市豊岡町丙476

茨城トヨタ自動車株式会社 石下店
〒300-2706 茨城県常総市新石下1581
茨城日産自動車(株) 水海道中妻店
〒300-2505 茨城県常総市中妻町42
ホンダカーズ茨城 水海道バイパス店
〒303-0031 茨城県常総市水海道山田町4648−1
Honda Cars 南筑波 水海道店
〒300-2505 茨城県常総市中妻町126−4
佐戸井自動車 整備工場
〒303-0042 茨城県常総市坂手町7084−1
クサマ自動車修理工業
〒300-2512 茨城県常総市大輪町1502−4
(株)草間自動車
〒300-2726 茨城県常総市中沼709−1
古谷野自動車鈑金
〒300-2707 茨城県常総市本石下1925
(有)松田自動車工業
〒300-2722 茨城県常総市蔵持434−1
MITSUWA・CAR・DESIGN
〒300-2521 茨城県常総市大生郷町3283−3
(有)水野自動車
〒300-2743 茨城県常総市岡田501
長瀬鈑金塗装工場
〒300-2706 茨城県常総市新石下4516
花島自動車工業所
〒300-2506 茨城県常総市三坂町1688

常総市の特徴

常総市は茨城県にある市で、人口は約6万人です。茨城県の南西部に位置しており、つくば市やつくばみらい市、下妻市等の市と隣接しています。なお、常総市は古くは水海道市と呼ばれており、現在の名前は2006年に改称されたものです。
常総市の東には小貝川が流れ、中央部には鬼怒川が流れます。市の多くは海抜10m前後の平坦な土地となっており、鬼怒川より東側が市街地の中心で、西側には水田や工業団地が広がります。
常総の歴史は古く、古墳時代にはヤマト王権の支配が既に及んでいた事が確認されています。
奈良時代には下総の国に属しました。平安時代に入ると、鬼怒川の両岸に多くの集落ができ始めて人口が増えます。そして、鎌倉時代には浄土宗を始めとした仏教が盛んになって多数の寺院が建立されました。
江戸時代には河川の改修工事が実施され、鬼怒川と利根川が直結される事で、鬼怒川周辺が水運の中継地として栄えます。
明治に入ると、町村制の実施に伴い水海道町が成立します。そして、1954年の昭和大合併に合わせ、周辺の7村を編入して水海道市となりました。さらに、2006年に石下町の編入に合わせ、市の名称が常総市へと改められ、現在の常総市となりました。

みずみずしさが売りの常総市の「千石きゅうり」

鬼怒川や小貝川が流れ、平坦な土地が広がる常総市は昔から農業が盛んな地域でした。様々な農産物が常総市では生産されていますが、中でも盛んなのがきゅうりの生産です。
常総市の石下地区ではきゅうりが多く生産されており、常総で生産されるきゅうりは「千石きゅうり」の名前で知られています。「千石」というのは、きゅうり生産が活発だった下妻市の千代川村と、常総市の石下町の頭文字をそれぞれ取って付けられた名前です。
千石きゅうりの特徴は、みずみずしくて皮がやわらかく、歯ごたえが気持ち良い点にあります。きゅうりの表皮は深い緑色をしており、つやつやと輝き、料理の見栄えも良くします。
千石きゅうりは、ほぼ通年で生産、出荷されています。毎朝、生産者が収穫した千石きゅうりは、その日のうちに首都圏に出荷されています。首都圏から50kmという好立地にある常総市であればこそ実現できる鮮度の良さが、千石きゅうりのセールスポイントとされているのです。
みずみずしく新鮮な千石きゅうりは、朝どれきゅうりとして丸かじりで味わう事が推奨されています。

水海道方言が元となる常総市の方言

以前の常総市は水海道市と呼ばれており、常総市の方言は水海道方言が元となります。
水海道の方言は茨城弁に近く、語尾に「べ」や「ぺ」が置かれます。たとえば、「夕食を作ろう」と言うのは常総市では「夕食をこしらえべ」となります。そして、「これ、あげるよ」と言うのは、「これ、やっぺ」という風になります。茨城弁の語尾は「べ」が中心ですが、常総では「ぺ」も混在するので茨城弁とは少し異なります。
また、茨城弁で語尾に「べ」とつくと多くの場合で断定の「だ」を意味しますが、常総では断定の他に推量を意味する場合もあります。たとえば、「無理だっぺ」と常総の人が言えば、「無理だ」と断定ではなく、「無理だろう」という推量の柔らかい意味となるので注意が必要です。
さらに、常総では「は」が「ぺ」に、「い」が「え」に訛る場合もあります。たとえば、「心配だ」と言うのが「しんぺえだ」に変わり、「大変だ」というのが「たえへんだ」に変わるのです。
茨城弁が少し変形したのが水海道弁だと捉えると良いでしょう。

茨城県有数の参拝者を誇る一言主神社

一言主神社は常総市の大塚戸町にある神社です。名前の通り一言主大神を祀っており、一言明神と呼ばれる事もあります。ちなみに、この一言主大神は福の神として知られる恵比寿様と同じ神様です。そこで、新年には商売繁盛を願う多くの参拝者が一言主神社を訪れ、茨城県下でトップレベルの参拝者数を誇る神社となっています。
一言主神社の歴史は古く、809年に創建されました。神社の創建は「三岐の竹」の神話に基づいています。「三岐の竹」の神話は、ある山中に生えたタケノコが発見される事から始まります。タケノコがあっという間に三岐の竹に成長し、その姿に驚いた住民が神託を受ける事になりました。住民が受けた神託からは一言主大神の名が語られ、信仰すればご利益をもたらす事が約束されます。そこで、それ以降山は住民の信仰を集め、神社が創建された、と言うのが「三岐の竹」の神話です。
809年に創建された一言主神社は戦国時代の兵乱に巻き込まれ、社殿が損壊したり、半焼したりしました。ただ、江戸時代の1700年に本殿が修理され、1867年には失われていた拝殿も再建されます。現在の社殿は江戸時代当時の姿を残しているのです。

バッテリー上がり対応エリア一覧を見る

PAGE TOP
各種カード払いOK!0円見積り実施中!
受付時間:8:00~24:00 365日年中無休
バッテリー上がりコールセンター|受付時間|8:00〜24:00 365日年中無休 0120-658-119 無料診断を申し込む