高石市

高石市でバッテリー上がりなら3980円~最短30分

バッテリー上がり緊急対応いたします!バッテリー上がり緊急対応いたします!

車各種のバッテリーに対応します!

バッテリー上がりの前兆がありますバッテリー上がりの前兆があります

こんな症状の時はバッテリー上がりの可能性があります

バッテリー上がりすぐに解決いたします!
バッテリー上がりすぐに解決いたします!

高石市のバッテリートラブルに緊急対応!

お近くから30分で駆けつけ5分で復旧 バッテリートラブルに緊急対応!

バッテリートラブルに緊急対応!
軽自動車バッテリー上がり復旧3,980円〜
普通自動車バッテリー上がり復旧3,980円〜
トラックバッテリー上がり復旧5,980円〜
バッテリー上がり復旧に迅速対応!バッテリー上がりコールセンター0120-658-119 バッテリー上がり復旧に迅速対応!バッテリー上がりコールセンター0120-658-119
便利なお支払い方法も充実! 現金OK、カード払いOK、後払い決済OK
  • 1クレジットカードによるお支払いには、お客様ご本人名義のクレジットカードのみご利用いただけます。※エリアなどにより一部ご利用いただけないクレジットカードの種類がございます。
  • 2後払いご希望の方は、予めメールでお伝えください。一部対応していないエリアもございますのでご了承ください。

バッテリー上がりの主な原因はこの3つ
バッテリー上がり緊急隊
ロードサービスの
プロフェッショナル
です

作業にお伺いするスタッフは、十分な知識と技術をもったベテランのスタッフです。
ロードサービスのプロがすぐにバッテリー上がりを解決します。

無料診断からの流れ
まずはWEB、またはお電話にてお申込みください。
訪問の日程・時間をご連絡いたします。
無料診断からの流れ 無料診断からの流れ
お近くのバッテリー上がり緊急隊が選ばれる理由

バッテリーが上がったら駆け付けます!
バッテリーが上がったら駆け付けます!
最新施工事例

高石市高師浜丁のバッテリー上がり

最新施工事例画像01
対応エリア 高石市高師浜丁
料金 13,000円

高石市取石のバッテリー上がり

最新施工事例画像02
対応エリア 高石市取石
料金 14,000円

高石市取石のバッテリー上がり

最新施工事例画像03
対応エリア 高石市取石
料金 14,000円

高石市西取石のバッテリー上がり

最新施工事例画像04
対応エリア 高石市西取石
料金 15,000円

お客様からいただいた声
お客様からいただいた声

バッテリー上がり緊急隊に寄せられたお客様からのご感想です
お客様の声01


高石市A.E様

お客様の声02


高石市U.A様

お客様の声03


高石市C.G様

施工事例

  • 「高石市高師浜」
    バッテリー上がり

    【高石市高師浜】バッテリー上がりの施工事例

    大阪府守口市高石市高師浜にある30代の男性からの依頼で、三菱 パジェロのバッテリー上がりの修理に向かった。到着後、依頼人から症状の詳細を聞いた。エンジンの切り忘れによってバッテリーが上がり、エンジンが...

    続きはこちら
  • 「高石市高師浜」
    バッテリー上がり

    【高石市高師浜】バッテリー上がりの施工事例

    本日の作業は大阪府高石市高師浜において、日産セレナのバッテリー上がり修理のために出張しました。依頼人からの報告によれば、車のヘッドライトが暗くなり、バッテリーが上がっている可能性が高いとのことでした。...

    続きはこちら
  • 「高石市高砂」
    バッテリー上がり

    【高石市高砂】バッテリー上がりの施工事例

    大阪府高石市高砂において、日産 エクストレイルのバッテリー上がり修理のために出張しました。依頼人からの報告によれば、車のヘッドライトがつかなくなり、バッテリーが弱っている可能性が高いとのことでした。作...

    続きはこちら

高石市の地域情報

対応地域

綾園|加茂|高砂|高師浜|高師浜丁|千代田|取石|西取石|羽衣|羽衣公園丁|東羽衣|南高砂

各駅の近くももちろん
対応しております

羽衣駅|高師浜駅|富木駅|伽羅橋駅|高石駅|東羽衣駅

高石市周辺の
バッテリー上がりお役立ちリスト

Honda Cars高石高師浜店
〒592-0004大阪府高石市高師浜3丁目17-1
大阪ダイハツ
〒592-0012大阪府高石市西取石7丁目6-31
ユーポス高石店
〒592-0012大阪府高石市西取石8丁目8-3
ホンダカーズ堺西・高石東店
〒592-0012大阪府高石市西取石6丁目1-15
高石オートセンター
大阪府高石市西取石6丁目1-13
南海オート
大阪府高石市取石4丁目18-17
ビッグモーター 高石店
大阪府高石市西取石3丁目3-5
(株)富士エンジニアリング
大阪府高石市羽衣5丁目1-65
高石ホンダ(株)
〒592-0004大阪府高石市高師浜3丁目2-31
ジャック南大阪
〒592-0012大阪府高石市西取石5丁目4-30
日産大阪
〒592-0012大阪府高石市西取石7丁目11
大阪ダイハツ販売(株)高石店
〒592-0012大阪府高石市西取石7丁目6-31
(有)昌和自動車工業
〒592-0013大阪府高石市取石7丁目4-3
第一自動車
〒592-0013大阪府高石市取石7丁目1-39
藤澤自動車鈑金塗装
〒592-0013大阪府高石市取石7丁目11-47
松田自動車工作所
〒592-0013大阪府高石市取石7丁目4-2

高石市の特徴

高石市は大阪府の南部に位置する市で、堺市、和泉市、泉大津市と隣接しています。人口は約5万6千人で、市の木はマツ、市の花はキクです。市域はほとんど平坦で、西部は大阪湾に面しています。大阪府では藤井寺市に次いで面積の小さな市です。日本最古の歴史書『日本書紀』に「高石池」という地名が登場していることから、古代からこの地に高石という地名の付く村が存在していたことが分かっています。江戸時代には幕府の直轄領として発展しました。1966年に市制施行し高石市となっています。大阪湾に面する埋め立て地に『堺泉北臨海工業地帯』が広がっていて、市内には石油や化学工場が集積しています。また『高石漁港』があり、漁業も盛んです。市内をJR西日本阪和線、南海電鉄南海本線、高師浜線が通っています。風光明媚な海岸として知られる『高師の浜』や、日本最古の国立公園『浜寺公園』など、観光スポットが充実していて、さらに『高石だんじり祭り』が開催されるなど、歴史と伝統と自然に恵まれた市となっています。

羽衣の名を冠した神社!『大鳥羽衣濱神社』

高石市に鎮座する神社が『大鳥羽衣濱神社(おおとりはごろもはまじんじゃ)』です。御祭神は、堺市『大鳥大社』に祀られている日本武尊(やまとたけるのみこと)の后神である両道入姫皇女(ふたじいりひめのみこと)が祀られています。江戸時代には『井戸守明神』と呼ばれており、社殿前にある井戸からいずる水は「神水」として尊ばれたと伝わっています。『延喜式神名帳』に掲載されている式内社として、高石市を1300年前の古代から見守っています。『大鳥大社』には4つの式内社の摂社を持ち、「大鳥羽衣濱神社」はその一つに数えられています。「大鳥大社」と4つの式内社を合わせて『大鳥五社明神』と呼びます。それ以前に、「大鳥羽衣濱神社」が創建されていたとすれば、本来の御祭神は、枯れることのない井戸への崇敬対象として水神だったのではないかと考えられています。また境内には『井戸守稲荷』があり、昭和37年委勧請した稲荷社です。五穀豊作、商売繁盛の神として崇敬されています。

「しばく」の意味は?大阪の方言!

高石市が位置する大阪府に伝わっている、大阪弁を紹介していきます。一つ目の方言が「しばく」です。「しばく」という言葉には、「鞭や細い棒で強くたたく」という意味があります。「お前、調子に乗ってると、しばくぞ!」と、大阪の人が言った時、「お前、調子に乗ってると、鞭や細い棒で強くたたくぞ」という意味になります。強面の人が言ったら、かなり怖いセリフになります。しかし大概の場合、冗談で「しばくぞ」と言う大阪の人が多く、本気で鞭や細い棒で強くたたこうと思っている人はほとんどいないはずです。次に紹介する大阪の方言が「しゃあない」です。「しゃあない」という大阪弁を聞いたことがあるでしょうか。「しゃあない」には「仕方ない」という意味があります。例えば、部下がミスをした時、納得できる理由がある場合は「仕方ない」と思うかもしれません。このような時、大阪出身の上司なら「しゃあない。次、頑張れ」などと言ってくれるかもしれません。

中臣氏の子孫が建立したと伝わる!『等乃伎神社』

高石市取石に鎮座する神社が『等乃伎神社(とのきじんじゃ)』です。御祭神は、天児屋根命(アマノコヤネノミコト)です。「等乃伎」という寺号は、かつてこの地を収めていた中臣氏の一支族である「殿来連(とのきむらじ)」から由来しています。『続日本紀』によれば、752年にこの地を治めていた中臣殿来連竹田売が、祖先である天児屋根命を祀ったことからこの神社が始まったという記述があります。『延喜式神名帳』に掲載されている、歴史ある神社となっています。20世紀初頭に旧市場村の『稲荷社』、旧大園村の『壺神社』、旧土生村の『菅原社』、旧新家村の『大歳社』、旧南出村の『大歳社』を合祀しています。例祭は毎年10月5日に行われ、市を挙げて行われるお祭り『高石だんじり祭』のうち、氏子地域のだんじりが、宮入りしていました。現在は、10月の第一土曜日、または第二土曜日を宮入りの日としています。本殿と拝殿は1987年に建て替えられて造営されています。JR阪和線『富木駅』から徒歩8分で訪れることができます。

バッテリー上がり対応エリア一覧を見る
PAGE TOP
各種カード払いOK!0円見積り実施中!
受付時間:8:00~24:00 365日年中無休
バッテリー上がりコールセンター|受付時間|8:00〜24:00 365日年中無休 0120-658-119 無料診断を申し込む